治療意欲が無くなる患者様 - マッサージ・手技療法全般 - 専門家プロファイル

あきカイロプラクティック治療室 副院長
カイロプラクター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

井元 雄一
井元 雄一
(カイロプラクター 博士(健康科学))

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

治療意欲が無くなる患者様

- good

  1. 心と体・医療健康
  2. マッサージ・手技療法
  3. マッサージ・手技療法全般
健康お役立ち情報
この場をお借りしまして、肘井 博行永晃先生、山中 英司先生、私のコラムへのご意見等ありがとうございました。「プロファイル」は、症状にお悩みの方が「ここへ相談をすれば安心!」という場であるようにと思っていますが、同時に様々な治療家の方の考えも知ることができ、私自身もとても良い刺激を受けるサイトとなっています。

患者様にとって病院で言われるひと言や、診断結果が大きなショックとなることは、確かにあるようです。腰痛の患者様で、MRIの検査結果が出る前に、当院に治療に来られた方は、初回の治療で症状が軽減し喜ばれていたのですが、後日のMRIの結果を聞き、「自分の症状はもうダメみたいです。一生付き合っていくように医者に言われました。」とすっかり弱気になっていました。

カイロプラクティックは、レントゲンやMRIの結果を参考にはしますが、その結果だけではなく、他の視点からも、その患者様の状態を診て行きます。カイロは、画像などには表れない目に見えない部分(神経の働きなど)を扱うため、病院の画像での腰痛説明や、診断権のあるお医者様の説明の方が、やはり強い影響力があるのかもしれません。

カイロプラクティックの治療では、病院とは違うアプローチが可能ですので、治療することを完全に諦めてしまわずに改善にむけて取り組んでいただきたい、というのが私の願いです。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カイロプラクター)
あきカイロプラクティック治療室 副院長

快適な状態で日常生活を送ることが、どれだけ楽かを伝えたい

何が原因でつらい症状が出てしまうかをご自身がお気付きになることが、施術を進めていく上でのポイントになると考えています。私の経験した「神経の働きが良くなるとこんなに楽になるんだ!」という感動を、多くの方に知って頂きたいと思います。

カテゴリ 「健康お役立ち情報」のコラム

新年ですね(2013/01/08 12:01)

三井一正選手インタビュー(2009/12/27 00:12)

ぎっくり腰に備えて…(2009/12/11 17:12)