画像処理の楽しい世界 - 写真撮影レッスン - 専門家プロファイル

宮本 陽
And EM アンド・エム 代表
兵庫県
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真・ビデオ

宮本 陽
宮本 陽
(カメラマン)
宮本 陽
宮本 陽
(カメラマン)
宮本 陽
(カメラマン)

閲覧数順 2017年08月23日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

画像処理の楽しい世界

- good

  1. 趣味・教養
  2. 写真・ビデオ
  3. 写真撮影レッスン
ブログサテライト

ブログサテライト


「画像処理は楽しいよ。そのプロセスを楽しみましょ。」と伝えて行きたい。


もちろん、その世界を良くご存じの諸先輩方はスルーしていただいて構わないのだが、スマホカメラスタートの人口が劇的に増えている現在、このボリュームゾーンにリーチする必要があると思う。


撮って・フィルター・SNS...。

いいね!を集めるため。といった目的が果たせるならそれで良い。という人たちはそれでいい。

いつもの但し書き。何が良いか悪いか、ではない。


だが、限られた種類のフィルター・エフェクトに「自分のとっておきの一枚」を押し込む。

その時点で限られたテイスト、画一的な印象の檻の中に「自分のとっておきの一枚」を閉じ込めてしまう。


一枚の写真には、撮影者の意図と想いが込められているはずだ。

それを単なる画像データとして扱い、使い捨てにする。そして更には檻の中に閉じ込めてしまう。



構図の変化や光線状況、色彩感を感じながら撮ると、撮影はもっともっと楽しくなる。

そして、それを自分が感じたようにより印象的に・魅力的に仕上げて行くプロセスは更に楽しい。


もう、後処理が邪道などという時代ではないし、その処理を経ることでようやく「カメラが作った半製品がとっておきのあなたの作品」になる。


(Official Blogへ)
「画像処理の楽しい世界
http://and-em.com/blog/index.php?no=r4184


「メルマガ:平成のデジタルフォト通信」でも色々なお話をお伝えしています。

http://and-em.com/mailmagazine.html へどうぞ。

このコラムに類似したコラム

時代はHDRの方向へ---フィルター遊びは? 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/21 13:00)

一枚の写真と向き合うのも楽しい 宮本 陽 - カメラマン(2015/12/16 11:00)

画像処理も大きな楽しみの一つ 宮本 陽 - カメラマン(2015/12/09 13:00)

トリミングは悪ではない 宮本 陽 - カメラマン(2015/11/23 16:00)

写真ってフィルター加工(エフェクト処理)するもの? 宮本 陽 - カメラマン(2015/10/24 16:00)