現場で重要視すべきは絞り値 - 写真撮影レッスン - 専門家プロファイル

宮本 陽
And EM アンド・エム 代表
兵庫県
カメラマン

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:写真・ビデオ

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

現場で重要視すべきは絞り値

- good

  1. 趣味・教養
  2. 写真・ビデオ
  3. 写真撮影レッスン
ブログサテライト

ブログサテライト

今では、画像処理によりかなり高度なボケ味を出すことが可能になってきた。また、全焦点のデータから撮影後にピント位置を決めることができる、といった最新技術も出現しているようだ。


残念ながら、という言葉が適切かどうか疑問もあるが、現時点での技術(全焦点の最新技術は除く)では、撮影時点で生み出したボケは、後加工でピントの合った絵に変えることはできない。

だからこそ、撮影者が意図した絞りによる被写界深度やボケ具合、というものは、加工によって作り出すのではなく、撮影時点で「撮影者のインスピレーションや感性」によって決定したい事項なのである。


【Official Blog】http://and-em.com/blog/index.php?no=r4131

「メルマガ:平成のデジタルフォト通信」でも色々なお話をお伝えしています。

http://and-em.com/mailmagazine.html へどうぞ。

このコラムに類似したコラム

ピントの位置は面で捉える 宮本 陽 - カメラマン(2015/12/13 12:00)

デジカメはボケが撮れない? 宮本 陽 - カメラマン(2012/09/30 10:22)

単焦点レンズは常に開放で使うものって誰が決めた?? 宮本 陽 - カメラマン(2012/05/15 12:40)

見る者を魅了するボケ味を手に入れる方法 宮本 陽 - カメラマン(2015/10/09 17:00)

玉ボケが欲しい 宮本 陽 - カメラマン(2015/09/29 09:45)