今の私に必要なものは何? - キャリアコーチング - 専門家プロファイル

エナジー・コーチ エナジー・コーチ
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今の私に必要なものは何?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. キャリアコーチング
セルフ・ヘルプ シンクロニシティ・セレンディピティ
連絡しようしようと思っていた人から
突然電話がかかってきたり、メールが来たり、
そんなことはないでしょうか。

日ごろ考えていたことを、突然誰かに指摘されたり、
ふと読んでいた本や雑誌、ネットなどで目にしたり。

それから、こんな人がいたらなぁ、と思っていたら
何かの拍子にふと出会うとか。

シンクロニシティ、セレンディピティ、最近は
日本語にもなっていますね。偶然であって偶然じゃない、
何か私たちへのメッセージ、というものです。

運命とも言えるし、よく計算された偶然ともいえるし、
引き寄せの法則ともよく似ています。

シンクロしている!とか、セレンディピティを感じるとき、
意外に自分が今必要としているものが隠れています。

今の私が必要としているものは、何か、と意識を向けると
自分の中に新しい思考が生まれます。

普段、私の何がいけないの?とか、私のどこが悪いんだろう、
間違っているんだろう?とつい原因に意識が向きますが
これが答えの出ない無限ループにはまる、というもの。

いけない、悪い、間違ってる、って考えても、自分は
正しいと思って進んできたわけなので、答えが
すぐには見つかりません。

たとえ見つかったとしても、感情が心が納得できなくて
なんで?どうしてこうなったの?どこで間違ったの?
となってしまいます。

答えの出にくいなら、自分への問い方を変えてみるのが
ベスト。答えが出ないのは、頭が悪いから、などではなくて、
聞き方が間違っているから、くらいに思ってみましょう。

それにしても、今の私に必要なものって、何?でしょう。

人はいつでも、何かよくしていきたい、変えていきたいと
思うことが何かしらあります。そのために、いったい私には
何が必要なのかしら?

答えはいつでも自分の中にあるので(これは本当です)
どうやってそれに気がつくか、どう自分でそれを上手に
搾り出して作り上げるか、がポイントになってきます。

必要なものは、シンクロニシティやセレンディピティに
多くヒントが隠されていることが多いので、ラッキーです。

シンクロに気づくには、普段から周りにどんなメッセージが
隠れているか、アンテナを張っていることが大事。
何気なく見過ごしていることもあるはず。

ところで、人は何でも気づいたときにはすでに同じメッセージを
3回くらいは見ているはずだ、といわれています。

普段、なんとも思っていないと気づかないけれど
あ、そうだ、あのときも・・・と思ったときには、無意識に
すでに3回は見過ごしているはずだ、というものです。

過去を見てみれば、そっちを向いていてもダメだよ、と
いうばかりに、うまくいかなかったのに、どうしても
違う方向を向けないとき、ってありますよね。



こっちに行きなさい、というメッセージと取れるような
事件(というほど大げさじゃなくても)は何度もあったのに、
そのときは、なかなか気づかなかない。

人はなんだかんだと、現実を自分の都合の良いように
受け取ります。自分が見たいと思うものしか見えない、
信じない、気づかない習性があります。

だから、つい、見過ごしてしまうのです。

今のあなたに必要なものって何か、考えてみてください。

もしかしたら、出会う人にヒントがあるかもしれないし、
自分の中にある居心地の悪さなどにヒントが隠れて
いるときもあるかもしれません。

そして、必要なものだと思ったら、手を伸ばしてみましょう。
そこから道が開けてくるはずです。

このコラムはこちらでもご覧いただけます。
→ http://blog.livedoor.jp/mikiogura/archives/51471351.html

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(パーソナルコーチ)
エナジー・コーチ エナジー・コーチ

もっと元気にハッピーになりたい女性たちをパワフルにサポート!

もっと自信を持ってバランス良く、元気にハッピーになりたい方(主に20~40代の女性)に向け、コーチングやセミナー、講演を実施しています。人生の幸せ、ビジネスの成功や自己実現のために、枠に捕われない考え方を提供し、内面から強くサポートします。

カテゴリ 「セルフ・ヘルプ」のコラム

痛いところはつかれる(2010/07/16 14:07)

違いを受け入れてみると(2009/01/27 15:01)

Go with the flow(2008/12/11 14:12)