ワーキングホリデーでカナダを目指す人へのアドバイス - 海外・外国人全般 - 専門家プロファイル

Super World Club 代表
カナダ留学専門家・英語教育者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:海外留学・外国文化

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ワーキングホリデーでカナダを目指す人へのアドバイス

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. 海外留学・外国文化
  3. 海外・外国人全般
ワーキングホリデー

本当のカナダを体験したいなら、必ず英語コミュニケーション能力を十分つけてから行くこと。
行き先の様子を十分リサーチしてから行くこと。


この準備によって、1年の経験がその後の一生に大きな影響を与えることになるか、「ワーホリ? 行ったことある。。。」になるかが決まります。



「英語を身につけるため、異文化に触れるため、大学を出て2年目の息子がワーキングホリデーでカナダに向かいます。 心配な親へのアドバイスをお願いします。」


こんなメールが届きました。


一瞬感じたのは、「英語を身につけるため」という思い込みへの心配です。

カナダに向かうこの息子さんには、働くに十分な英語でのコミュニケーション能力があることを願いつつ書いてみます。



カナダ政府はこう言っています:


International Experience Canada (IEC) provides young individuals the opportunity to travel and work in Canada.

「カナダを旅し、働く機会を若者に提供します。」


Fund your vacation with temporary work in Canada. The work portion of your trip lets you earn money so that you can fund your travels during your stay. It is a great way to afford side trips, other excursions and accommodations while you are in Canada.

「カナダで短期就労しながら、カナダを旅する資金を作って下さい。」


ということで、カナダと日本とがワーキングホリデーの協定を結んだ理由も、「日本の若者にカナダを旅してほしい。 その資金を稼ぐための短期就労の機会も提供しますから。」というものです。


残念ながら、日本からワーキングホリデーでカナダに来るほとんどの人には、「とてつもなく大切なこと」が頭から抜けている気がします。

「短期であれ、長期であれ、就労するにはかなり高いレベルの英語運用能力と、社会常識への基礎知識は必須である」こと。



そこを勘違いし、「カナダ=英語の勉強」というつもりで出かけると大きな壁にぶつかってしまいますよ。


仕事がありません。


カナダにワーキングホリデーでやってくるのは、英語の出来ない日本人だけではなく、英語圏のイギリスからもオーストラリアなどからもです。

英語圏の社会常識の基本があり、言葉に不自由のないそれらの人たちは、正にカナダ政府の提供する「短期就労しながら旅する」機会に出会えます。


英語が出来ないままやって来て、「英語は出来ないけど、勉強しながら仕事させてください!」なんて、あなたなら雇いますか?


仮に仕事にありついたとしても、日本食レストラン、居酒屋(バンクーバーやトロントにはいっぱい!)の裏方(給仕するにも英語が要りますからね)、旅行代理店で日本人相手のガイド、日本人の経営するお土産やさんで簡単な裏方(日本人以外の人の応対には英語が必要!)が、せいぜいです。


そういう日本人をカモにしている語学学校も満開状態です。

「英語の勉強しながらワーホリ!」と、どんどん授業料を取られます。

日本人に囲まれて、日本語を話しながら、安い賃金で働いて、授業料を払って。。。

旅行は最後にちょこっと、お土産話のために。。。


「カナダの地元の人たちに混じって仕事をし、帰るころには英語はペラペラ。」

そんな「夢」ははかなくついえてしまうのが、ワーキングホリデーの現実。

そのような現実 を多く目にしました、残念ながら。



落ち込みそうになったところで、ひとつ元気になる話をしましょうか。


英語が出来ないながらも、おとなしく勤勉に見える日本の若者を雇いたいビジネスは結構存在するんですよ。

そんなビジネスオーナーのひとりからこんな話を持ちかけられました。


「日本から来るワーキングホリデーの若者を雇いたいんだけど。 問題は、みんな英語が出来なさすぎるね。 あれでは使いものにならない。 カナダに来る前に十分訓練してから来てくれるといいんだけどね。」


「少しでも訓練して送り込んでくれたら、まずは裏方から始め、そのうち表で働いてもらうことが出来るし。 住む場所も、うちなりの訓練も提供するけど、英語コミュニケーションのかなりのレベルは必要。 力貸してくれないかな。」


とは、カナダの大きなファーストフードチェーンのオーナーです。


そこで、買って出たのが、「ワーキングホリデーのためのJob Training Lesson」ですが、さて、日本の若い人たちは、そこまで真剣に準備をする意味をわかってくれるでしょうか。



本物のカナダの経験をして日本に帰ってくる若者が増えれば増えるほど、日本の社会にも大きなプラスになると思いますけどね。


ま、大多数の人は、インターネットにあふれる「海外で1年間、暮らす・学ぶ・働くを同時に楽しめるワーキングホリデー」情報、「バラ色の夢」情報を信じ込んでしまうようですね。

ちょっと冷静に考えれば、大人の目で見ればわかることなのに。


そのオーナーには、あまり期待しないで待っててくださいと言ってあります。


Good luck in Canada.

****************

Virtual Teaching を駆使し、 カナダの小・中・高校の教育課程を基にした指導をしています。

クリティカルシンキングの能力をつけた生徒は「カナダの小さな町での留学・ボランティア」で自分本来の能力を発揮中です。
Super World Club(大澤眞知子、Robert McMillan)  

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(カナダ留学専門家・英語教育者)
Super World Club 代表

カナダ留学・ボランティアにいらっしゃい!

カナダ高校留学・大学留学・大学院留学・政府認証ボランティア体験のカウンセリング及びサポート。 Canada 在住。

カテゴリ 「ワーキングホリデー」のコラム

このコラムに類似したコラム

カナダに留学しても日本人だらけって本当? 須長 幸子 - 留学アドバイザー(2015/07/23 03:38)

ワーキングホリデー【アルバータ州で働こう! 】 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2015/04/21 19:41)

人種差別 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/11/21 08:23)

カナダのアニマルシェルターでボランティア【日本の若者大活躍】 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/10/04 04:03)

【脳を解き放つカナダホームステイ】ー Unplugging a student’s brain 大澤 眞知子 - カナダ留学専門家・英語教育者(2016/07/16 15:16)