自宅の一室がバレエの衣裳部屋に!? - 心・メンタルとダイエット - 専門家プロファイル

舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ
東京都
クラシックバレエ教師・振付家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

自宅の一室がバレエの衣裳部屋に!?

- good

  1. 美容・ファッション
  2. ダイエット
  3. 心・メンタルとダイエット

以前からお伝えしている様に、私の今年の夏は「断捨離」に明け暮れる日々を送っております♫

これは私に取っては物凄く気持ちの良い作業で、毎日とっても楽しく作業しているのでございます♫

(*^^*) ~ ♫

 

夢中になって実家から荷物をコツコツ運んだり、収納に必要な最低限の物を、その都度無駄が出ない様に小まめに買い揃えて購入するなどの作業に追われていると、毎日が「アッ!」と言う間に時間が過ぎて行くので、とても驚いたりしております。

(※その為にコラムの書き置きが困難で、最近は執筆が毎日当日の朝になっておりますが…)

(^^;

 

私は結構整理整頓が得意で、これまでも部屋はわりと整っていた方だと思いますが、

今回の様に、ここまで収納の区分け作業を完璧にしたのは、もしかしたら「人生でお初」と言っても良いほど、今回は徹底しています♫

( ・・) ~ ☆彡

 

ここまで徹底的にして後は物を増やさなければ、今後はそれを維持して行くだけなので、「多分死ぬまで整理整頓作業はしなくて済むのではないか?」というのも、私が頑張る理由の一つになってもおります!? (笑)

(*^^*) ~ ♡

 

 

 

ちなみにそれは何から始まったかと言うと、

実は私が7歳の時にバレエを始めるキッカケになり、そして十代の頃から約40年近くずっと働いて来た実家の大園バレエスタジオを今年の6月に閉鎖致しましたので、実家に有った私の私物を全て自宅に移す事にしたからです。

☆_(_☆_)_☆

 

スタジオの閉鎖に至る経緯や理由、そして個人的な思いなど色々ありますが、それは機会があれば改めてお話しさせて頂く事と致しまして、今回はそれに伴い「バレエ衣裳部屋の整理」も必要になったという事もあるのですね。

 

「大量の (何せ40年分の衣裳ですから!笑) バレエ衣裳をどうするか?」から始まり、当初はどこかのバレエ団かスタジオに寄付する事も考えたのですが、

 

バレエ団であっても個人的なスタジオであっても衣裳部屋スペースに余裕のある所は少なく、最悪は「廃棄処分」も考えたりもしていたのですが、

 

自宅を断捨離する内に「自分で沢山手作りして来た衣裳の一部を、自分のメモリアルとして自宅に取って置こうかな?」と思う様になったのです。

 

でも自宅には衣裳部屋にできる様な部屋数もスペースもありませんので、知恵を絞り出して天井近くにパイプポールを張り、そこに吊り下げ収納してみようかと思い立ちました♫

 

そして昨夜、遂に自宅の日本間を "バレエ衣裳部屋" に模様替えする作業が完成~~~致しましたので、見てくださいませ♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

 

見よ!この収納技術♫ (笑)

 

  

今回の為に新しく購入した3つのハンガーラックの内、

一番奥が自分の手作りした男性の衣裳、真ん中が自分が手作りして来たワンピースなどの自分の私服、一番手前はフリースなどのかさ張る私服等を収納しています。

(※場所が無いので、私服と衣裳が見せる収納として同居はやむを得ず)

(・・;)

 

 

ちなみに1枚目の写真の左側に在るラックと、部屋の左右に吊るした衣裳の全てが、私が長年作製して来た自分や生徒達の衣裳になります。

 

昨夜一応の収納作業を終えて、改めて衣裳を数えてみましたらナ・ン・ト!100着くらい有りまして、自分でも「私はこんなに作って来たんだな~~~」と驚いております。(笑)

 

スタジオにはまだまだソリストやアンサンブルの衣裳も大量にありますから、私は今までに「一体何百着の衣裳を作り続けて来たのかしら!?」と改めて感慨深くなり、思い出が走馬灯の様に駆け巡ったりしておりました。

( ・・) ☆彡

 

 

思えば私のバレエ人生は、自分がバレエに興味を持つ前の7歳の時にスタジオが建って、それ故自然にその道に導かれた不思議なバレエ人生でした♫

☆_(_☆_)_☆

 

私がバレエ団に入りプリマにまでなれた事。

退団後、フリーになっても国内外でプリマとして活躍できた事。

 

踊る事では食べていけない日本のシビアな現状の中で踊り続ける事が可能だったのは、実家がバレエスタジオで、そこでバレエを教えられるという環境があったからこそでした。

( ・・) ☆彡☆彡☆彡

その様な環境に助けられて私は精進する事に集中する事が可能でしたし、そして自分のスタジオが在ったからこそ、自由に自分や生徒達の為に色々な作品を舞台で上演でき、創造する楽しさを味わえました♫

(^^♫♫♫

 

 

そういう環境を作ってくれましたのが両親でしたから、私は本当に感謝しても仕切れないほど有り難かったのだと、そしてとても幸せだったのだと、

 

今、私は自宅で大量の衣裳に囲まれながら、改めて両親に感謝の思いを馳せる毎日です♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

ちなみに私はこんなに自宅に衣裳を置いておけるとは思わなかったので考えていなかったのですが、これからこれらの衣裳のレンタルのお仕事を小規模ながらして行こうかな~~~と思い始めたりしています。

(^^♪

但し、私の衣裳はかなり細めの方でないと入らない可能性があり、レンタルできる方の幅は狭くはなると思いますが…。

 

実際自分の生徒達に着させてあげようとしても、今の若者は体格が良いので入らずという事も多かったです。でも細めで小柄なバレリーナの方や、中学生~高校生には需要があるかも♫

 

何事もやってみなければわかりませんからねぇ!

 

でもとにかく今は、まだまだスタジオの衣裳部屋に残る大量の衣裳の処分作業が先でありますので、それが全て終わって落ち着いたら、おいおいレンタルに向けて衣裳の写真や紹介文を考えるなどの作業に入ろうかな~と思っております♫

☆_(_☆_)_☆

 

 

(まだまだ私の断捨離生活の日々は続く~~~♫)

(*^^*)

 

 

 

 

 

 

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / クラシックバレエ教師・振付家)
舞踊家(クラシックバレエ) 元プロバレリーナ

natural & elegance

長年プリマとして国内外で活躍。現役引退後は後進の指導とバレエ作品の振付けに専念。バレエ衣裳や頭飾りを作り続けて得たセンスを生かし、自由な発想でのオリジナルデザインの洋服や小物等を作る事と読書が趣味。著書に「人生の奥行き」(文芸社) 2003年