これからの企業内コンプライアンス研修の方向性 - コンプライアンス研修 - 専門家プロファイル

パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表
東京都
コンサルタント・研修講師・講演講師
03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:顧客満足・コンプライアンス研修

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2017年08月20日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

これからの企業内コンプライアンス研修の方向性

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 顧客満足・コンプライアンス研修
  3. コンプライアンス研修
日常を哲学する

現在のコンプライアンス研修には何が足りないのか? 今すぐすべき、コンプライアンス教育の強化策。


企業内コンプライアンス研修に関わる者として、最近のニュースを見ていて強く思うこと。
それは「コンプライアンス教育は変わらねばならない」ということです。

絶対的に足りないものがある、からです。
それは倫理教育です。

報道①
免震ゴム性能の偽装問題で東洋ゴム工業は22日、弁護士らで構成する社外調査チームの最終報告書を公表した。経営陣が2014年夏以降に何度も性能不足の報告を受けながら、公表や出荷停止を遅らせていた経緯が明らかになった。不正を防ぐはずの品質保証部門もデータを改ざんしていた。調査チームの小林英明弁護士は経営陣の不適切な対応や企業風土を強く批判した。 日経新聞朝刊 (2015/6/23 )

報道②
ビジネス法務に詳しい山口利昭弁護士は「再発防止には現場の意識改革しかない。経営者は会社の利益と法令順守の優先順位を見直し、社員1人ひとりに再度徹底すべきだ」と話す。第三者委員会が調査結果を発表するのは7月。それが終わっても東芝には長い道のりが待っている。 日経新聞朝刊 (2015/6/22)

報道③
政府は16日、2015年版の科学技術白書を閣議決定した。理化学研究所によるSTAP細胞論文など相次ぐ不正を受け、研究者への倫理教育や研究機関の不正防止策が「十分ではなかった」と指摘、取り組みの強化を求めた。 日経新聞夕刊 (2015/6/16)

法規や法律を教える。
マニュアルを徹底する。
事例で「回避手法」を解説する。

必要ですが、これだけでは足りません。
なぜなら、これらをやっているのに事故やアクシデントは続いている からです。
(あなたの会社でもそうではありませんか?)

今、私たちが直ちにすべきこと。
それは「コンプライアンス研修に、倫理教育を加える、ことです。

(中沢努 http://www.pensee.co.jp/peculiarity/index.html 「コンプライアンスのネタ帳」から抜粋)

コピペご遠慮下さい
    無料利用の方法
 http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 


【コンプライアンス問題が起こった企業へ】
  コンプライアンスの 分かっちゃいるけどできない (-。-;)  を何とかするために

本コラム筆者の指導を受けてみませんか?
 (1)
  倫理の本質」と「人間の視点による強烈な研修
    A.強烈研修 (社長・役員・取締役 )http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_consul.html
    B.強烈研修 (管理職・リーダー) http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance.html
    C.強烈研修 (全社員 )http://www.pensee.co.jp/sercive/compliance_staff.html

 (2)
  コンプライアンスを守るため 必要なのは「人間性の回復」と「人間力の強化」
   ◆  プラトン、カント、ヘーゲル 「人格」 http://www.pensee.co.jp/sercive/character.html
   ◆  ソクラテス、デカルト、ベーコン 「思考」 http://www.pensee.co.jp/sercive/philosophy.html
   ◆  マルクス、フッサール、実存主義 「行動」 http://www.pensee.co.jp/sercive/action.html
   ◆  どう生き・どう死にたいか、を考える  http://www.pensee.co.jp/sercive/career.html

(3)
 コンプライアンスのための資料 (500タイトル以上)
  http://www.pensee.co.jp/archive/index.html


<本コラムをご覧の全ての企業、全ての個人の方へ-大切なお願い>
 ◆ このコラムを含め 弊社の表現物を社内で利用したい時は、ご相談をお願いします
  理由・ワケ→ http://profile.ne.jp/w/c-136344/ 


<筆者 コラム等>
 https://plus.google.com/u/0/b/116680261353078113011/116680261353078113011/posts
(Twitter) https://twitter.com/p_nakazawa

<その他>
・コンプライアンス違反の背景、違反組織の特徴、他 http://www.cmp-akademeia.jp/ 
・コンプライアンス違反者の心理、違反を招く行動例、他 http://www.cmp-akademeia.jp/2nd/index.html
・コンプライアンス強化術 http://www.cmp-akademeia.jp/3rd/index.html
・コンプライアンス違反事例 http://www.cmp-akademeia.jp/4th/index.html
・コンプライアンス理解の秘訣 http://www.cmp-akademeia.jp/5th/index.html
・コンプライアンス違反をする人ってどんな人? http://www.cmp-akademeia.jp/6th/index.html

<SNS>
 ◆ フェイスブック https://www.facebook.com/PenseeSauvageAndCompany
 ◆ Google+  https://plus.google.com/u/0/b/116680261353078113011/116680261353078113011/posts
 ◆ LinkedIn  https://jp.linkedin.com/in/penseenakazawa


【問題発生企業専門】
   コンプライアンスの 分かっちゃいるけどできない (-。-;)  を何とかする会社
   コンプライアンスコンサルティング/コンプライアンス研修/コンプライアンス講演、他
   パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー( http://www.pensee.co.jp/ )

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / コンサルタント・研修講師・講演講師)
パンセ・ソバージュ・アンド・カンパニー 代表

「お客様を深く考えさせる」・・知識でなく「体験」を提供します

これまでの20年で見えてきたのは、「小さいこと」を変えないままで「大きいこと」を変えようとする企業の姿。私が教えるのは「なぜ、そうなるのか」ということです。当たり前のことができていないことを気づかせ、どうしたら良いかを考えさせます。

03-6869-7151
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「日常を哲学する」のコラム

このコラムに類似したコラム

「違反をしそうになった時」、にすべきこと 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/07/09 08:17)

コンプライアンスだけを学んでもコンプライアンスは守られない(2) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/07/03 08:00)

コンプライアンスだけを学んでもコンプライアンスは守られない(1) 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/26 08:00)

「コンプライアンスごっこ」と「本当のコンプライアンス指導」の違い 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/19 00:24)

コンプライアンス講演会のお知らせ 中沢 努 - コンサルタント・研修講師・講演講師(2017/06/14 03:00)