土地登記-分筆することができる最低の面積 - 不動産登記 - 専門家プロファイル

佐藤 隆廣
三重県
行政書士・土地家屋調査士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:法律手続き・書類作成

佐藤 隆廣
佐藤 隆廣
(行政書士・土地家屋調査士)
折本 徹
折本 徹
(行政書士)
折本 徹
(行政書士)
小平 直
(行政書士)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

土地登記-分筆することができる最低の面積

- good

  1. 暮らしと法律
  2. 法律手続き・書類作成
  3. 不動産登記
土地の地積は、水平投影面積により平方メートルを単位として定め、1平方メートルの100分の1未満の端数は、切り捨てるとされています。 千円札(約15センチ×7.5センチ)の面積は0.01125平方メートルとなり、1平方メートルの100分の1未満の端数を切り捨てると0.01平方メートルとなり、分筆後の地積は0.01平方メートルとして新しい登記記録ができます。  千円札の半分の広さの場合は、0.0005625平方メートルとなり、1平方メートルの100分の1未満の端数を切り捨てると0平方メートルとなり分筆のしようがありません。
 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

土地登記-土地の分筆と地番 佐藤 隆廣 - 行政書士・土地家屋調査士(2015/04/21 08:50)

建物登記-屋根裏部屋の床面積 佐藤 隆廣 - 行政書士・土地家屋調査士(2015/04/21 08:48)

建物登記-出窓部分の床面積 佐藤 隆廣 - 行政書士・土地家屋調査士(2015/04/21 08:45)

相続放棄とは 安井 大樹 - 司法書士(2013/08/07 08:57)

相続人の中に行方不明者などがいる場合 安井 大樹 - 司法書士(2013/08/07 08:55)