アマゾンからの1099-Kとアメリカ確定申告 - 会計・経理全般 - 専門家プロファイル

TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士
ワシントン州公認会計士

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:会計・経理

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アマゾンからの1099-Kとアメリカ確定申告

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 会計・経理
  3. 会計・経理全般

アマゾンからの1099-Kとアメリカ確定申告

 

1099-k の説明文のところに

 

アマゾンは 売り上げが $20,000ドルを超える場合

 

この 1099-k を発行するといっています。

 

そして、この 1099-k を発行するには 法人番号が必要です、

 

または 個人の場合は ソーシャルセキュリティ番号と呼ばれる

 

アメリカ人や 永住者や ビザ保有者 (つまりアメリカで営業できる人) のみが持てる番号を持っている

 

ことが条件です。

 

この 1099-k が発行できない場合 アマゾンは 非居住者に対して 源泉徴収することを義務付けられています。

 

 

実際に 源泉徴収しているかどうか 知らないですが、、(非居住者ではないので)

 

だから、 アマゾンの 立場  税務署に対しての立場として、

 

アマゾンは 売り上げが 20,000ドル以上あったセラーに 1099k を発行しなければいけなくて、

 

その場合、セラーには 納税者番号が必要なのです。

 

納税者番号とは 個人の場合はソーシャルセキュリティ番号または ITIN 番号と呼ばれる、それに代わるもの

 

または 法人にして、法人番号を取得するしか 外国人には 納税者番号は取得できません。

 

だから  売り上げが 20,000ドル以上ある場合は

 

納税者番号 = 法人番号 が必要なのです。

 

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

実際、個人で 登録している人が、 ビジネスにしなさいとアマゾンに言われることは

 

 

よくありますよね、

 

ほかのお客さんも 聞いたことがあります。

 

http://toddsaccounting.com/test/

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(ワシントン州公認会計士)
TODD'S Accounting Corporation ワシントン州公認会計士

アメリカ確定申告、アメリカ会社設立

アメリカでCPAをしています。アメリカの確定申告、アメリカのレストラン、アメリカの会社設立、アメリカの中小企業、アメリカ進出企業、アメリカグリーンカード、アメリカビザの確定申告をしています。

このコラムに類似したコラム

アメリカ確定申告 http://toddaccounting.com/ 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2016/02/29 07:46)

2015年の終わりに アメリカ確定申告 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/12/20 15:44)

アメリカ確定申告とアメリカ会社設立― 従業員を雇うということ 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/09/27 23:59)

アメリカ確定申告とアメリカ会社設立 ― ミスコミュニケ―ション防止対策 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/09/27 11:49)

アメリカ確定申告― ホームオフィスを控除するには 尾崎 真由美 - ワシントン州公認会計士(2015/07/20 13:04)