11-地下階の型枠工事_続 - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社ソキウス 代表取締役
東京都
建築家
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

11-地下階の型枠工事_続

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
狭小住宅監理日誌-西東京
今日は、そろそろ型枠のスラブが上がっているかな、と思いきや、
すこし ペースダウン のようですね。監督さん自ら結束線をいじってます。


監督… といえば 終始現場にはりつき、職方に厳しくハッパをかけている、
といったイメージをもたれるかもしれません。
わたしは ちょっと ちがうと思ってます。
優秀な監督さんほど、現場に出ないで仕事をすすめます。
しっかりした施工図さえあれば、現場で直接指示することは少ないからです。

施工図とは、設計図書をもとに、職人に直接指示するために描かれた図面。
施工者である監督の作図で、我々・設計監理者がそれを承認するものです。
ある意味、施工者サイドからの建物への思い入れの あかし でもありますね。

じつは 私も そのむかし ある工務店の 駆け出しの現場監督でありました。
当時は毎晩、夜遅くまで製図台にむかい、施工図を書いてました。
PCなどありませんでしたからね。
ただ、このときの下積み仕事が いまの私の糧であることはたしかでしょう。

ところが 
ときどき 施工図 を書けない という“監督さん”がいます。
PC がつかえないから、といった言い訳で 現場のベテランですら設計者である私に
“施工図を書いて下さい。”と遠回しにいってこられ、唖然としたことがあります。

技術者としてのプライド あるのかな?

じつは、この現場でも
担当者のもってきた施工図が あまりに低レベルで、カミナリ を落としてました。
施工図は いたしかたなく、私がかいたものです。
それ以来、監督の菊池さんはじめ、現場サイドは奮起した様子。
職人さんたちも腕前はよさそうですし、これからは期待しておりますよ。

来週は、いよいよ地下部分のコンクリ打設です。

Y-Project
2005.11.28

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社ソキウス 代表取締役

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「狭小住宅監理日誌-西東京」のコラム

33-内覧会御礼(2006/03/22 15:03)

32-和室とタタミ(2006/03/15 16:03)

31-そろそろラストスパート(2006/03/14 09:03)

29-家具階段のつづき(2006/03/07 16:03)

30-足場の解体(2006/03/07 16:03)