32-和室とタタミ - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

株式会社ソキウス 代表取締役
東京都
建築家
03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

32-和室とタタミ

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
狭小住宅監理日誌-西東京
現場は、塗装とコンクリート部分の補修工事。
今週末の内覧会にむけ、全体のクリーニングは一度かけたとのこと。
内覧会後、引渡しまでに、写真撮影と再クリーニングという段取り。

現在、ある新聞社から、取材を受けております。
テーマは この住宅の『和室』について。
‥『和室』ありますよね? と 来所されたライターさんに聞かれ。
はて・・・
本来 和室とはなんなのでしょうか?
畳があって 五尺八寸の位置に鴨居があり その上に長押が納まる
いわゆる 和風の部屋 ということあるならば 都心では珍しい。
畳がある部屋 というならば タタミルーム というべきなのか‥
と インタヴューを受けながら もんもんとしていると ふっと 
思いつきました。

本来、和室 というものには
タタミ と もうふたつ トリオであるべきものがあります。
布団 と チャブ台 です。
寝るとき と 食べるとき それぞれ必要に応じ、出してしまえる。
そう 食寝同室 というスタイルが本来あるべき和室の哲学では‥。

ダイニング・キッチンというスペースがある以上、本来の和室なる
スペースは なくなるのかもしれません。
( ただ、それでも タタミ っていいもんですけどね。)

取材の現地撮影は 日曜日の午前中で、内覧会前にお願いしました。

コトノハ舍

3月18日(土曜日)・19日(日曜日):竣工内覧会


2006.03.15

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 建築家)
株式会社ソキウス 代表取締役

スマートに シンプルに 住う。 都市型住宅・集合住宅

都市の厳しい条件のもとでも、住宅や集合住宅を実現させてきました。住宅計画における制約は、生活空間に個性が生まれる、ひとつの契機として、ポジティブにとらえております。

03-5735-9700
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「狭小住宅監理日誌-西東京」のコラム

33-内覧会御礼(2006/03/22 15:03)

31-そろそろラストスパート(2006/03/14 09:03)

29-家具階段のつづき(2006/03/07 16:03)

30-足場の解体(2006/03/07 16:03)

28-キッチン設置(2006/03/04 12:03)