リーズナブルとは? - コーチング全般 - 専門家プロファイル

黒木 昭洋
コーチ
BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:コーチング

小倉 美紀
小倉 美紀
(パーソナルコーチ)
黒木 昭洋
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
黒木 昭洋
(BCS認定プロフェッショナルビジネスコーチ)
上前 拓也
(パーソナルコーチ)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リーズナブルとは?

- good

  1. キャリア・仕事
  2. コーチング
  3. コーチング全般
マネジメント・リーダーシップ リーダーの心得


円安でも輸出伸びぬ誤算 

円高時の苦い経験、企業の教訓に  「量より質」値下げ攻勢せず 


先日このような記事を読みました。

本質的な商売をするためにはどうしたらいいかというヒントがある記事だと思います。


この記事にはこうあります。

「今、グローバル企業が最も重視するのはブランド力だ。価格を下げてシェアを追っても、単なる安物扱いになりかねない。築き上げたブランドの維持に、高い価格はむしろ必要な要素だ。」

「ある大手重工メーカーの社長は「円高時には値上げしたくてもできなかった。円安だからと値下げをしたら、円高になっても戻せやしない」とつぶやいた。値下げ販売はもろ刃の剣。競争力が乏しければ値引きに頼らざるを得なくなる。企業の実力が試される局面だ。」


他方でこんな記事も読みました。

海外ツアー高めで勝負 

こだわりシニア争奪戦 HIS、7年ぶり再開 JTB、絶景スポット巡る 

これも価格と価値(サービス)を見直した一つの例です。


皆さん「リーズナブル(reasonable)」という意味をご存知ですか?

道理の通った、妥当な、という意味になります。


記事を読んで「良いものを安く提供する」ではなく「良いものをリーズナブルに提供する」というような潮目に変わってきていることを感じます。

マクロにみると国際市場での、新興国との勝負、ミクロにみると自分の市場価値として「リーズナブル」なものは何か。


私の市場価値として、どんなことが「リーズナブル」に提供できることなのか。

それを謙虚に見直し、自分のブランドを作る重要性に気付かされた記事でした。


今なら無料で相談が受けられます!

メールを利用しての無料お悩み相談を受付けております。

 ※月間先着で5名様までのサービスとさせて頂きます。

【無料】人間関係のお悩み相談室

【無料】ビジネス上のお悩み相談室