雨漏りストップ!ひび割れだらけの屋上防水 - 各種のリフォーム・増改築 - 専門家プロファイル

株式会社塗装職人 代表
神奈川県
塗装・防水
0120-382-361
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:リフォーム・増改築

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

雨漏りストップ!ひび割れだらけの屋上防水

- good

  1. 住宅・不動産
  2. リフォーム・増改築
  3. 各種のリフォーム・増改築
数十年何もしていないひび割れた屋上を、防水工事で蘇生。

これまで状況によっては雨漏りが何度か発生。

施工前は下地が非常に荒れていましたのでモルタルを全面にコテにて補修。

保護モルタル特有の劣化したシンダーコンクリート目地を撤去してメッシュクロスでひび割れ(クラック)とともにシール補修。

良く十字でプラスチックのものが埋め込まれていますよね。

アレです。


目地を設けて地震や建物自体の挙動があっても、ひび割れを全面に発生させないために設置されているものです。

そこにシールとメッシュ状のクロスを貼ることによって、クロスがウレタンに伝わるひび割れのエネルギーを減少させ吸収してくれます。


排水口は錆びづらくも劣化しにくい鉛ドレンに交換。

プライマーの塗布後は自着シートで絶縁処理。

下地はモルタルにて全面補修をしましたが、その上からウレタン防水するには湿気の問題や下地の強度的なものも考え、一枚シートをかませてからウレタンほ流して防水した方が耐久性はグンと上がります。


そうすることによって、下地がどんなに荒れていようが、ウレタン自体に悪影響がないということです。

特にウレタンは硬化してゴムになる前は液状ですから。

ひび割れだらけの荒れた下地の上からでは都合が悪いです。

シートを貼ることによって耐久性が良くなるのはわかると思います。


下地からの湿気逃がしのために脱気筒を取り付け、それからはじめてウレタン防水をします。

サラセーヌという材料にてウレタン2層を流して、トップコート仕上げです。

工事後に施主様から強風の雨天時でも雨漏りなしとのご報告です。

 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(神奈川県 / 塗装・防水)
株式会社塗装職人 代表

一級塗装技能士を超えた「塗装指導員」7名

国家資格、一級塗装技能士の上級資格である「塗装科・職業訓練指導員」が必ず施工担当させていただく横浜にある塗装会社です。家の外壁塗装を検討されている方に、一級の技術、知識をご活用して頂いています。

0120-382-361
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

このコラムに類似したコラム

屋上防水に一生懸命を提供します。横浜の現場にて。。 神奈川・横浜塗装職人 - 塗装・防水(2014/04/19 10:02)

雨漏りストップ! ひび割れ屋上の防水 ②下地補修編 神奈川・横浜塗装職人 - 塗装・防水(2015/01/20 15:00)

俺の誇りをかけて屋上防水します。横浜の現場にて。。 神奈川・横浜塗装職人 - 塗装・防水(2014/04/19 17:56)

雨漏りストップ! ひび割れ屋上の防水 ④クラック補修編 神奈川・横浜塗装職人 - 塗装・防水(2015/01/23 14:00)

雨漏りストップ! ひび割れ屋上の防水 ③プライマー塗布編 神奈川・横浜塗装職人 - 塗装・防水(2015/01/21 22:00)