賃貸か中古か・・老後の住宅、どうすべき? - 住宅ローン全般 - 専門家プロファイル

伊藤 誠
代表取締役
東京都
ファイナンシャルプランナー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅資金・住宅ローン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)
沼田 順
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

賃貸か中古か・・老後の住宅、どうすべき?

- good

  1. マネー
  2. 住宅資金・住宅ローン
  3. 住宅ローン全般
住宅購入
前略。
いつも貴重な情報を、楽しく読ませていただいております。
さっそく相談なのですが・・・・
我が家は主人が来年定年を迎えますが、
その後の住まいについてどうしたらよいものか、悩んでおります。
現在は借り上げの社宅に住んでおり、まもなく出なければ行けません。

1、地方に持ち家がありますが、義母が住んでおり今は売却はできない。
2、住宅のために仕えるお金としては、住積+退職金=1700万円 
3、その他預貯金約1500万を手元に置くとして

家族は次女25歳を含め3人で、
主人は定年後会社の嘱託で(月収25万)4年間働く予定です。

持ち家があるので、公共の住宅には入れないと言うことなのですが・・・
年金+月収を考えると、賃貸にすべきか、
その分をローンにまわし中古物件を買うべきか悩んでおります。
何か、よい手立てはないものでしょうか?
よきアドバイスをお願いいたします。

(神奈川県)


 賃貸の怖さは、
 1.一生家賃を払わなければならない
 2.高齢になると、貸してくれないところが多くなる。
 です。

 次に
 3.老後はどこで一生住むのか?
 近々、移転が見込めるのであれば、賃貸がよいですが・・・

 最近、退職間近や退職して間もない方の相談が増えています。
退職後の生活は大きな岐路になりますので、例えば、賃貸か持ち家かなどそれぞれの場合を
シュミレーションしてみて、どちらが良いか納得してから決断されることをおすすめします。
FP知恵の木では、住宅選びのお手伝いをしています

あなたにとって、本当の意味でお買い得な物件をお探しします!
決断する前に、まずはご相談を!


◎「失敗しない住宅購入」のための無料メールセミナー受付中!
住宅の購入の成功・失敗は、あなたの人生設計にとてつもなく大きな影響を与えます。あなたの住宅購入を成功させるためのヒントを提供する無料メールセミナーを開催しております。