そうだ「お店の健康診断」をしよう:その1「あなたの店は健康ですか?」 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

そうだ「お店の健康診断」をしよう:その1「あなたの店は健康ですか?」

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般



プロローグ:人間と同じように店舗も「健康診断」で状態を知ろう

①あなたの店は「健康」ですか?・・・なぜ「健康診断」が必要なんだろう?


「最近、チラシを入れても反応が鈍い・・・」
「新規客用のディスカウントクーポンを配っても再来店に繋がらない・・・」
「メニュー変更したのに客数が増えない・・・」
「駅前に競合店が出来たら、売上げがガクッと減ってしまった・・・」
「最近急にアルバイトの応募が来なくなった・・・」

私の本業である「店舗業績回復コンサルティング」をしていると、このような悩みをよく聴きます。
特に、売上げとスタッフの問題については、店長も経営者も胃を痛め、頭を悩ましておられるようです。

今日からの新シリーズ「そうだ『お店の健康診断』をしよう」では、PDCAを廻すための基本中の基本であるPLAN作りの更にベースとなる「店舗力診断」を、「お店の健康状態を詳細に把握しよう」という視点で、昨日まで71回にわたってお話ししたPDCAシリーズを、より詳細かつ実践的にお話ししてまいります。
この秋からは、このテーマをベースにしたPDCAセミナーも開催する計画です。どうぞお楽しみに。

さて、本題です。

あなたは、最近からだがだるくなったり、階段を駆け上ると息が切れたり、本を読んでいると目がしょぼしょぼしたりしませんか?私はしょっちゅうそんな調子です。今年は、生まれた初めてインフルエンザにもかかったし、きっと免疫力や体力が落ちているんだろうな・・・と感じています。(歳のせいかもしれませんが・・・)

でも、不思議なもので、体調が少しくらい悪くっても、仕事が忙しかったり、しばらくすると何ともなくなっていたりするので、その為に病院に行ってお医者さんに相談をするわけではありません。ましてや、それだけで不安になって精密検査を受けようなんて、まったく思いもしないのです。自分の大切な身体のことなのにね。

では、あなたのお店はいかがでしょうか?

最近ちょっと売上げが落ちてきていませんか?
スタッフの笑顔が少なくなっていませんか?
クーポンの回収率が落ちていませんか?
お客様の食べ残しはありませんか?

「そう言えば、ちょっと前の調子の良かった頃に比べると、少し調子が落ちてきているような・・・そんな気がするな。」

そう思ったのならば、今がチャンスです。ちょっと、病院で「お店の健康診断」を受けてみませんか?


「え?何それ?そんな病院どこにあるの?」

もちろん、普通の病院に行ってはいけません。そんなことしたら、きっと別の病院を紹介されてしまいますよ。
「ちょっと店の調子が良くないな。」「原因は何なんだろう?」
そう思ったときに行く病院は、「PEOPLE&PLACE」という病院です。(はい、私の会社です!)
※HPは、こちら→ http://peopleandplace.jp
ここで、あなたのお店の「健康状態」を検査してもらうのです。

もしも、あなたの店が重い病気にかかっているのならば、根本的な治療や手術などが必要になるかも知れません。
しかし、そうではなく、日々の健康的な生活で元に戻るようなレベルの不調ならば、今日からの生活習慣を改めれば良いのです。(これは、お店の話ですよ。)

病気の自己治療で恐いのは、

1)なんだかわからないので、とりあえず効きそうな薬を飲む
2)以前同じような症状の時に飲んだ薬が効いた記憶があるのでそれを飲む
3)「こんな時はこれを飲みなさい」というだれかが言った言葉を信じてその薬を飲む
4)「きっとたいしたことは無いに違いない」と自己判断して放置する

うまく効けば良いんだけれど、効かなかったら・・・もしかしたら手遅れになるかも??
まあ、それは極端だとしても、体調不良の間のお店の損失はきっとかなり大きなものがあるはずですよね。
だったら、そんな大きな損をする前に、早めに「健康診断」を受けてみませんか?(くれぐれも、お店の話ですよ。)
その上で、

1)精密検査を受ける
2)生活改善指導を受ける
3)自主的に健康的な生活に戻す為の計画を作る

この方が、コストが安く付くし、手遅れになる前に、早めに健康な身体に戻せるのです。(お店の話です。)

さて・・・あなたの店は「健康」ですか?

※「お店の健康診断」「お店の健康回復ドクター」「売上を伸ばし続けるPDCA」「ショップPDCA」などのセミナー、研修、コンサルティングについては、弊社までメールをいただくか、このホームページの「お問い合わせ」「お気軽にご相談下さい」から、お問い合わせ下さい。ご連絡をお待ちしております。

 

いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして
人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ

■松下雅憲が紹介されたページはこちら


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

そうだ「お店の健康診断」をしよう:その58お客様の来店きっかけを具体的に把握しよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/11/04 06:19)

そうだ「お店の健康診断」をしよう:その49新規客のほとんどが再来店しないのはあたりまえ? 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/10/26 06:45)

そうだ「お店の健康診断」をしよう:その26気づかないひとは来られない 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/10/03 04:13)

そうだ「お店の健康診断」をしよう:その12商圏を独占しよう 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2014/09/19 06:34)