「児童虐待 過去最多!」 - 家計・ライフプラン全般 - 専門家プロファイル

IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント
東京都
投資アドバイザー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「児童虐待 過去最多!」

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. 家計・ライフプラン全般
よもやまブログ

こんにちは!

さて、今日はちょっと深刻な“テーマ”です。

厚労省によれば、2013年度に児童相談所が対応した児童虐待の件数が、前年度比10.6%も増加し、7万3765件に達し、過去最多を更新したとのことです。

しかも、集計を始めた1990年以来、23年連続で増加しているという極めて深刻な状況です。

都道府県別では、大阪が1万716件で最多、そのあとに神奈川、東京、千葉、埼玉と続き、上位5県で全体の半数を占めているとのこと。

 

「過去最大の財政赤字」や「経常収支の赤字化」も、日本にとって、大変大きな問題ではありますが、この手の“過去最多”は、まったくいただけません。

 

何といっても、将来を担っていくのは今の“子供たち”です。

 

日本は、ただでさえ、少子化で子供の数が減っている中、大半の自治体では保育園に入れない待機児童がおり、そして大切な子どもたちの児童虐待が過去最多となっている現状です。

 

責任は、今を生きている私を含めた“大人たち”にあります。

自分たちの仕事、生活で精一杯で、精神的余裕が持てない大人が増えてきているのかもしれません。

ただ、20年、30年、そして40年後を考えると、日本の社会が一体どうなっているのか、一抹の不安を感じるのは、私だけではないと思います。

 

戦後69年、今年も終戦記念日に、多くの日本人が“日本の将来や家族”を想いながら亡くなっていった歴史に触れました。

今年、特に強く感じたことは、「日本の将来に、もっと想いを馳せなければならない」「そのために自分は何をなすべきか」ということです。

 

大義、大局を見据えながら、まずは、身近にできることから始めてみたいと思います。

 

それでは、今週も平和な日々となりますように!

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 投資アドバイザー)
IFA JAPAN 株式会社 国際フィナンシャルコンサルタント

世界中の優良ファンドを用い、貴方だけの運用プランを提供します

信頼性や人間関係を重んじながら、「海外分散投資」のコンサルティングにおいて、“末永く”お客さまをサポートしたいと考えております。単なる金融商品の紹介ではなく、お客さまの「人生設計」に合った“あなただけのオリジナルプラン”をご提供いたします。

カテゴリ 「よもやまブログ」のコラム

このコラムに類似したコラム

「日本の出生数100万5656人に!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2016/07/15 11:04)

『保育園探し苦労』84% 渡辺 行雄 - ファイナンシャルプランナー(2016/05/20 10:52)

おすすめの本 「アメリカ海兵隊」~非営利組織の自己革新~ 上津原 章 - ファイナンシャルプランナー(2015/09/30 22:25)

「男女とも、平均寿命過去最高を更新!」 荒川 雄一 - 投資アドバイザー(2015/08/07 12:35)

景気回復の実感がわかない理由 森本 直人 - ファイナンシャルプランナー(2015/01/08 19:05)