理想を持つことと現実を認めること - 人生設計とキャリア - 専門家プロファイル

祝 淳一郎
株式会社Top Counselings 代表取締役
東京都
メンタルヘルス・キャリア コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
竹間 克比佐
竹間 克比佐
(転職コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

理想を持つことと現実を認めること

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. 人生設計とキャリア
働き続けるヒント

よく“「理想」と「現実」”という言い方をすることがありますが、理想(夢)は持っているけれども、なかなか思うように行かないのが現実ですね。 また、その理想が実現化した時には、また新しい理想が芽生えてくることがよくありますが、これは私たち人間が本能としての「欲=(欲求)」と言うものを持っている限り、満足して終わるということはないと思います。

そしてそれは、仕事においても同じことが言えるのかなとも思います。 自分が今いる「会社」や「仕事の内容」、「その将来性」や「周りとの人間関係」、「自分への評価」などという、「現実」があるとします。そして、そのそれぞれに対して自分が考える「理想」(こうあるべき、こうあってほしい)という考えが少なくも人の頭の中にはあると思います。 しかし、そうは思っていても実際にはなかなか、その思い通りにはいかないことが多いですよね? 中でも特に「仕事」においては、自分の力だけではどうにもならないことがよくあるな、と感じていることも多いと思います。

会社という枠組みの組織の中で働いていると、自分1人だけでの頑張りではうまくいかなかったり、前に進めなかったり、どうしようもないこともたくさんありますね。 自分が「理想」としている仕事のスタイルや結果を実現できるのはなかなか難しいことです。

ただ、だからと言って「理想」を実現するという希望を捨ててしまう、ということではなく、自分が実現したい「理想」を意識ながら、その時の状況に応じて、時にはその実現を我慢して妥協をして見つめなおすことが必要です。

大切なのは、「自分一人だけでこの仕事をしているのではない」という事実を認識し自分で受入れるということです。 特に会社という組織の中では、周りにいろんな性格を持った人がいます。 それは上司や同僚、そして部下の場合もあれば、会社の外のお客様や取引先の業者の人であったりします。

多くの人が自分に関わっていて、その人達が様々な立場や考え方を持って働いています。 みんな何らかの形で関係性を持ち繋がっていると思います。 このような状況をしっかりと理解し認識をしたうえで、「さあ、改めて理想に向かって頑張ろう!」という考え方を持つことが大事になります。

人は一つの「理想」を達成や実現したりすると、新しい「理想」が出現することがよくあり、 それは決して悪く、無理をせず、「理想」と「現実」を見まわしながら、自分が辛くないペースでその「理想」に向かって一歩ずつ、時には妥協や見直し、廻り道をしながら歩んでいくことがとても大切であって、そういうことを繰り返しながら、自分の思っている「理想」に向かっていくことです。

よく私は学生の方にキャリアカウンセリングをしている際に、”大学を卒業して働いたとすると40年、いやいや貴方たちの場合は、もっと長い期間“働き続ける”事になるんじゃないかな?” とお話しさせて頂いています。 その間にはいろいろな「達成」・「成功」と「挫折」・「失敗」があって、人はそれを繰り返して成長をしていきます。 いつも全てが順風満帆ではなく、時にはうまくいかない時もあります。 特に就職してからの初めの頃は何もかもが新しいことで失敗するケースの方が多いわけです。 失敗を経験しながら、その課題を次にどうやってうまくやっていくか、です。 順調な時は、「理想」ヘ近づくペースを上げて、疲れたり失敗をしたときは少しゆっくりと、今を見極めながら慌てず、焦らずに「自分のペース」進んでいくことが大切です。

誰しもが、その「理想」を実現するための道のりは、決して順調ではなかったはずで、それよりかむしろ成功をした人そのほとんどは何度も失敗や挫折を経験して成功者になっています。 失敗や挫折に負けずに「理想」に向かって「現実」をしっかり認識し見極め・見つめなおして、そしてそのうまくいかない事を打ち破った結果、「成功」や「達成」を収めて自分が思う「理想」の実現ができるということです。

このコラムに類似したコラム

【メディア掲載情報】「進学ラボ」に新しいコラムが掲載されました 齋藤 めぐみ - キャリアカウンセラー(2016/05/03 00:25)

夢は人生に必要か? 齋藤 めぐみ - キャリアカウンセラー(2015/03/12 11:57)

質問を変えるだけで現実が変わる。 鶴田 育子 - 心理カウンセラー(2013/03/02 07:38)

働くレシピ(10) 働く意味と自分を知る 壷井 央子 - キャリアカウンセラー(2012/02/03 00:58)

夢に向かって 福井 真紀子 - 転職コンサルタント(2011/12/13 12:24)