質問を変えるだけで現実が変わる。 - キャリアプラン全般 - 専門家プロファイル

鶴田 育子
全米認定カウンセラー
心理カウンセラー

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子
藤崎 葉子
(キャリアカウンセラー)
竹間 克比佐
竹間 克比佐
(転職コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

質問を変えるだけで現実が変わる。

- good

  1. キャリア・仕事
  2. キャリアプラン
  3. キャリアプラン全般
メンタルヘルスコンサルタント

思うようにならないことがおこったとき、「やっぱりだめか」、「なにやってもうまくいかない」、そんな言葉が口をついてでることはありませんか。

どんな高層ビルにも、まず青写真があるように、夢を叶えるためには、まず、理想の状況を生き生きと思い描くことが不可欠です。

でも、生きていれば、計画通りにいかないことのほうが格段に多いのは、皆さん体験的にご存知の通り。心臓が飛び出しそうにびっくりしたり、がっかりしてみじめになったりする数の方が、やった!と笑顔になることより多いという方も少なくないと思います。

そんなときは、質問を変えてみましょう。 「なんで俺はいつもついていないんだろう?」、「どうして私だけこんな目に遭うの?」そういうかわりに、

「どうすれば、社会に貢献できるだろうか?」

「どうすれば、自分に備わっているすばらしい能力を活かせるだろうか?」

「自分の仕事を通して、何百万人もの人にポジティブな変化を与えるためには、今、なにをしなければならない?」

「自分のすべての行動をもっと楽しみ、愛を増やし、生き甲斐を感じられるようにするためには、なにができるだろうか?」

質問するときは、自分で答えを用意しないこと。 ただ、質問して、あとは、現実が変化するのを楽しみにしていればいいのです。

なぜ、質問だけするのか。 なぜ、答えを用意しないのか。 答えようとしたら、たちまち、過去の価値観、考え方の癖に乗っ取られ、言い訳しかでてこなくなるからです。

どうしたら、もっといい社会を実現することができるのか?

今、自分には、なにができるのか?

質問を続けましょう。 そうしていると、ふと、なにかしたくなります。 そうしたら、迷わず、行動する。

驚くほどの勢いで、現実が、変わっていきます。

このコラムに類似したコラム

理想を持つことと現実を認めること 祝 淳一郎 - メンタルヘルス・キャリア コンサルタント(2014/07/14 00:00)

「やりたいことや夢を見つけ出すこと」 とは 本多 由紀子 - ホリスティックケアセラピスト(2013/11/18 21:56)

子育て中の想定外の出来事と対処法 宇江野 加子 - キャリアカウンセラー(2012/12/19 16:07)

育児そして家事 福井 真紀子 - 転職コンサルタント(2012/02/14 14:36)

夢に向かって 福井 真紀子 - 転職コンサルタント(2011/12/13 12:24)