「売上を伸ばし続ける店長」がしているPDCAのまわし方:その13 - 人材育成全般 - 専門家プロファイル

松下 雅憲
株式会社PEOPLE&PLACE(ピープルアンドプレイス) 代表取締役
東京都
店長育成・販売促進ナビゲーター

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:人材育成

中沢 努
中沢 努
(コンサルタント・研修講師・講演講師)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「売上を伸ばし続ける店長」がしているPDCAのまわし方:その13

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 人材育成
  3. 人材育成全般



第2章 「売上」はこう考えるとわかりやすい・・・・「売上」の理屈と中身を知ると何が必要かが見えてくる
⑥お客様を店に吸引するってどう言うこと?・・・「お客様を集める力」とは何かを理解しよう


「商圏内にいる『既存顧客と潜在顧客』を店に吸引するチカラって、いったい何でしょうか?」

M部長は、研修に参加している店長達に問いかけました。

「はい、私たちは食べ物を扱っているので『美味しい』ことがお客様が引き寄せられる要因だと思います。」
「でも、接客が悪かったらダメですよね。サービス力も大切な『吸引力』のひとつだと思います。」
「ひとつではないんですよね。だったら、『場所』ですよ。目立つ場所にないと、お客様は来てくれません。」
「値段が高いと来ないよね。」
「何かお得感があるような、また来たくなるような、ポイントカードのようなものもいると思うわ。」

「みなさん、素晴らしいですね。まったくその通りです。それが、ポテンシャルである『商圏にいるお客様』を店に引っ張ってくるチカラ、つまり『吸引力』なんです。売れている店は、この『吸引力』が、高いから売れているんです。」

ひとりの店長が手を挙げました。
「M部長、質問して良いでしょうか?でも、そう言うことって、普段から、営業部長や社長が言われていることですよね。わざわざ、PDCAで分析や計画を立てなくても、『しなくちゃいけないこと』はやれば良いんじゃあないんでしょうか?・・・まあ、出来ていないからここに来ているのかも知れませんが・・・やる方法ならスーパーバイザーがいつもうるさく言っているしなあ~」

「質問、ありがとう。その通りだね。社長が言われているような、『また来て頂く店になるために、するべきこと、しなくちゃあいけないこと』って、そう言う基本的なとはさっさとやればいいんだよね。確かにPDCAは、その基本的なことを分析し、計画を立てて実行して行く、ごく当たり前の作業なんです。でも、ここでちょっと考えてみて下さい。」

M部長は、そう言いながらホワイトボードに何やら書き始めました。

”東京駅店、仙台駅店、大阪駅店、八王子店、吉祥寺店は、みんな同じですか?”

「さて、これらは、ここにいるみなさんが店長をしている店ですね。この店は、みな同じ店でしょうか?社長が言われている『するべきこと、しなくてはならないこと』は、全店が同じように出来ている、もしくは出来ていないのかな?」

「いえ、違います。私の店は、接客力は自信があります。お客様の評価も高いです。でも商品評価は普通です。」
「私の店は、どれもあんまり自信は無いけれど・・・店は磨き上げていますから、きれいさ、清潔さには自信があります。」店長は、次々に自分の店ができているところ、出来ていないところを話し始めました。
「うちの店は、スタッフの盛り上がりが弱いです・・・」
「僕の店は、スタッフは盛り上がりますが、いくらチラシをまいてもお客様の反応が悪いんです・・・」

「ありがとう。その通りです。みなさんが個人個人、同じ店長がいないのと同じように、店もそれぞれが違います。よいところがあれば出来ていないところもあります。同じキャンペーンをしようとしても、盛り上がるスタッフもいれば、反応の悪いしらけたスタッフもいます。みなさんの上司である、スーパーバイザーも、同じです。そう言う所をよく理解していたりイマイチ理解していなかったり・・・ね。さらに、本社も同じです。本社で把握出来るみなさんの店の『違い』は、POSデータやミステリーショッパーやクレームレポートなどの、ごく一部のデータだけなのです。」

M部長は続けました。
「みなさんが、一番先に、一番力を入れて取り組むことは、店によって違うはずです。でも、本社が『これをやろう』と言うと、一斉にそれに取り組まざるを得ないですよね。違いますか?もちろん、キャンペーンやフェアは、しなくてはいけませんよ。けれど、その盛り上げ方は、各店ごとに方法が違っても良いはずなのです。」

PDCAは、「思い込みをなくして、その店が、一番先に一番力を入れて取り組むことを知る」ことから始まります。その、基本となるのが、この「ポテンシャル×吸引力」なのです。

いま、自分の店がどれくらいの「ポテンシャル」があって、どれくらいの「吸引力」があるのかを知ることが、スタート時点なのです。これを把握して、最優先最重要項目を改善し伸ばすことで「従業員満足度」「お客様満足度」「売上」「利益」が「結果」として付いてくるのです。

いかがでしょうか?では、明日は、「ポテンシャル×吸引力」について、まとめながらもう少し細かい説明を致しましょう。

※「売上を上げるPDCA」についてのセミナー、研修、コンサルティングなどについては、弊社までメールかこのホームページの「お問い合わせ」「お気軽にご相談下さい」から、お問い合わせ下さい。ご連絡をお待ちしております。

 

いつもお読み頂きありがとうございます。
ブログランキングに参加しています。こちらのアイコンをクリックして応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
※クリックして
人気ブログランキングへ


人材・教育業 ブログランキングへ


■松下雅憲の著書について詳しくお知りになりたい方はこちらの画像をクリック!

■松下雅憲への「コンサルティング依頼」「講演・セミナー・研修依頼」についてはの公式ホームページへどうぞ

■松下雅憲が紹介されたページはこちら


 |  コラム一覧 | 

このコラムに類似したコラム

あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・ステージ1:その4 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/05/02 06:26)

あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・ステージ1:その1 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/04/28 06:22)

あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・プロローグ:その4 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/04/27 06:18)

あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・プロローグ:その1 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/04/24 06:25)

あなたと働きたいと言われる店長のシンプル習慣・・・はじめに:その3 松下 雅憲 - 店長育成・販売促進ナビゲーター(2015/04/23 06:12)