保湿効果の高い化粧品アイテム - スキンケア - 専門家プロファイル

日刊美容液新聞 編集長
岐阜県
スキンケアカウンセラー/美容液研究家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

保湿効果の高い化粧品アイテム

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア
スキンケア

スキンケアカウンセラーの松原です。
今日もお付き合いください。


情報化時代になり、テレビやインターネットでは、あらゆる美容情報が溢れています。

「スキンケアはこうでないといけない!」という定義はありませんので、最後はご自分が納得したことを実践すれば良いのですが、まず、化粧品がどうとか成分がどうとかということよりも、基本的な肌の仕組みを知ることが大切です。

そうすれば、化粧品選びを難しく考える必要はなくなるでしょう…


昔ながらの肌の手入れというのは、化粧水→乳液→クリームといった順に、水っぽいものの上に油分で膜を張って肌表面にフタをするのが一般的でした。

フタをすることで、内側の水分の蒸発が守られていると言われていたのです。


しかし、昭和40年代後半~50年代前半頃にかけて、角質層の仕組みが解明され、肌の水分は細胞間脂質で守られていることがわかってきました

角質層には、角質細胞と角質細胞がミルフィーユのように何層も折り重なっており、その間を細胞間脂質がセメントのように固定しています。

この細胞間脂質自体も複数の物質で構成されており、中でもセラミドと呼ばれるものが、肌の水分維持に大きく貢献していることがわかっています。


では、肌の水分維持にはどういった化粧品が効果的なのでしょうか!?

消去法で考えますと、化粧水やローションはとても効率が悪いと言えます。
文字通り細胞間脂質(セラミド)は脂質でできており、水をはじく仕組みになっているため、使用感は抜群ですが、時間とともに蒸発しやすいのです。

乳液・クリームのように油分が多いものでフタをする昔ながらの手入れは、油分の間をかいくぐって少しずつ水分が蒸発してしまうため、適策とは言えません。

つまり、水分を与えたり油分を与えるだけでは、長く潤い感を保つことができず、根本的な解決にはならないということ。

最適なのは、美容成分(保湿成分)が多く配合されやすい美容液です。


そして、アイテムよりも重要なのが、保湿成分の見極めです。以下のように分類されます。

  • 水分をサンドイッチ状に挟み込んでキープする保湿成分⇒
    セラミド・スフィンゴリピッド・ステアリン酸コレステロールなど
  • 水分を抱え込んでキープする保湿成分⇒
    ヒアルロン酸・コラーゲン・エラスチンなど
  • 水分をつかんでキープする保湿成分⇒
    アミノ酸・尿素・グリセリン・PCA・PGなど
  • 角質を保護する保湿成分⇒
    ナイアシンアミド・ぺリセアなど

最も有効とされるのは、水分をサンドイッチのように挟み込んでキープする細胞間脂質と同じ働きをする、セラミド
・スフィンゴリピッド・ステアリン酸コレステロールなどの保湿成分です。

これらが配合された美容液がオススメということになります。

もちろんこれが全てではありませんが、他のポイントとして、つけ心地やテクスチャーではなく、時間が経ってから(半日後)の潤い感、あるいは翌朝の肌感を重視しましょう。


ですが、保湿に対する理解も人それぞれ主観的であり、油分の多いクリームのように、塗った際のしっとり感が保湿であるという考えもありますが、このしっとりというのはあくまで油分のしっとりで、肌の水分量が増えたことによるしっとりではありません。
ですから、クリーム好きな方は、セラミドやヒアルロン酸などの成分が配合されたものを選ぶと良いでしょう。


皮脂の分泌が盛んな30代までは、クリームのつけすぎはあまり良くありませんが、逆に保湿美容液は多めにつけましょう。
効果は塗る量にも左右されるので、気休め程度につけるだけでは効率が悪くなってしまいます。
美容液は、ある程度トロミがあり、成分濃度も高く配合される傾向にあるため、多少つけすぎたくらいでちょうど良いのです。

また、皮脂が多い額や鼻は薄塗りで、乾燥しやすい目周りや口元はたっぷりと、夏場は少なめで冬場は多めに…など、同じ化粧品でも単に塗るだけではなく、肌質・肌の部位・季節などによって"使い分け"ができなければ、意味がありません。


化粧品は薬品と違い、顕著に効果が現れるものではないので、自分の肌には何が必要なのか、それはどんな使い方が効果的なのか、それをしっかり見極め、自分で自信を持って買ったものしか最終的には納得できないということです。


美しく歳を重ねたいと思われる人は、今後もこのコラムをご覧ください。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(岐阜県 / スキンケアカウンセラー/美容液研究家)
日刊美容液新聞 編集長

徹底的に美肌を追求するスキンケアの専門家

長年に渡る独自の化粧品研究、スキル、経験、専門知識を元に、エビデンス(科学的根拠)が高いスキンケア法を常に模索しております。特に、美容液のリサーチには余念がありません。流行の波に偏らない、本物の情報を発信させていただくことをお約束致します。

カテゴリ 「スキンケア」のコラム

このコラムに類似したコラム

毎朝、素肌チェックをしてますか!? 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/06/30 11:53)

肌の保湿具合を決めるのは、水分附与量ではなく水分保持力! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/04/14 12:47)

潤いに満ち溢れた素肌を手に入れるために大切なお知らせがあります! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/04/08 13:24)

スキンケアクイズ ~保湿成分~ 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2015/02/05 08:23)

日本最大級のハウツーサイト「nanapi(ナナピ)」に、保湿美容液についてのコメントを提供いたしました。 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/09/03 15:33)