肌の保湿具合を決めるのは、水分附与量ではなく水分保持力! - スキンケア - 専門家プロファイル

日刊美容液新聞 編集長
岐阜県
スキンケアカウンセラー/美容液研究家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

肌の保湿具合を決めるのは、水分附与量ではなく水分保持力!

- good

  1. 美容・ファッション
  2. イメージコンサルティング
  3. スキンケア
スキンケア 最新情報

スキンケアカウンセラーの松原です。
今日もどうぞ最後までお付き合い下さい。

さて、唐突ですが、「TEWL」という単語をご存知でしょうか…
これは、Trans Epidermal Water Loss の略で、肌から水分が失われていく指標(経皮水分喪失)を指します。
TEWLの水分蒸発量は、1時間に1cm²の皮膚から0.2~0.5mgが正常値で、これ以上に蒸発量が増えたら乾燥肌ということになります。

では、TEWLはどうやって測るの!?
これは、特別な装置が必要なため、一般の人がお目にかかれる機会は限りなく少ないです。
市販されている水分量測定器や、化粧品売り場にあるチェック機械なども悪くはありませんが、気温・湿度・測り方で違いがあるため、測定値にバラつきが見られます。


前回までのコラムのおさらいですが、体の内部で作られた水分は、表皮細胞から角質層に押し上げられた後、セラミド(細胞間脂質)を中心にして保持されます。これが肌の潤いです。
つまり、肌の水分は生きている間は常に体の中で作られており、その水分を逃がすか逃がさないかで潤いの度合いが決まるのです

外から化粧水などで水分を補給することが潤いを左右する、と思い込んでおられる女性が多く、チマタでは肌への“水分補給”と呼ばれています。しかし、水分補給は一時的な加湿には相当しますが、我々が重視しないといけないのは、湿気を長く保つための保湿です。

肌のメカニズムから申し上げると、外から与える水分が肌の水分になることはほとんどなく、時間の経過により蒸発してしまいます。人間の体の変化というのは、そんな単純なことでは補えないのです。


何回も申し上げますが、肌の潤いは、表皮細胞から角質層に染み出てきた水分をどう守るか、これが加齢とともに現れてくる乾燥を防ぐ正しい保湿ケアです。

言い換えると、バリア機能(肌の水分蒸散を防ぐ役割)を担っているセラミド(細胞間脂質)をターゲットにした化粧品を見極めることができれば、乾燥肌に怯えることはなくなります!
*有効化粧品につきましては、後日追って詳しく解説します。

美しく歳を重ねたいと思われる人は、是非今後もこのコラムをご覧下さい。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(岐阜県 / スキンケアカウンセラー/美容液研究家)
日刊美容液新聞 編集長

徹底的に美肌を追求するスキンケアの専門家

長年に渡る独自の化粧品研究、スキル、経験、専門知識を元に、エビデンス(科学的根拠)が高いスキンケア法を常に模索しております。特に、美容液のリサーチには余念がありません。流行の波に偏らない、本物の情報を発信させていただくことをお約束致します。

カテゴリ 「スキンケア」のコラム

日刊美容液新聞創刊!(2015/01/22 13:01)

YAHOO!BEAUTY に記事が掲載!(2014/12/10 12:12)

このコラムに類似したコラム

潤いに満ち溢れた素肌を手に入れるために大切なお知らせがあります! 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/04/08 13:24)

毎朝、素肌チェックをしてますか!? 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/06/30 11:53)

保湿効果の高い化粧品アイテム 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/05/28 15:37)

"本物"の保湿化粧品を見極める方法とは!? 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/04/19 07:41)

肌に浴びるように化粧水をつけると…!? 松原 好克 - スキンケアカウンセラー/美容液研究家(2014/04/15 13:32)