マンションは管理を買え3 〜メルマガより〜 - 不動産投資・物件管理全般 - 専門家プロファイル

中村 嘉宏
株式会社イー・エム・ピー 代表取締役
東京都
宅地建物取引主任者

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:不動産投資・物件管理

中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)
中村 嘉宏
(宅地建物取引主任者)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

マンションは管理を買え3 〜メルマガより〜

- good

  1. マネー
  2. 不動産投資・物件管理
  3. 不動産投資・物件管理全般
どんな物件を選びますか?…投資用不動産の選び方…
【EMPメルマガバックナンバー 2006/11/11号】


>>>前コラムの続きです



資産価値を下げる要素は、金銭的な面だけでなくほかにもあります。


今週号の『AERA』(11/13号)の特集記事によれば、
専門家によるアンケートの結果『資産価値を大きく下げる』
という回答が最も多かったのは、『廊下に自転車が置ける』ということ。
防災上も美観上も問題ということです。


廊下などに自転車や荷物などを置くことは
消防法上も禁止されており、通常管理規約でも禁止されている事項です。


それが放置されているということは、
明らかに入居者に注意をし是正させない管理会社の
怠慢といわざるを得ないでしょう。


弊社のHPでも投資家の方に写真でお伝えするようにしていますが、
『エントランスにチラシが散乱している』、
『共用部分にゴミやタバコの吸殻が落ちている』、
『自転車の置き方が乱雑』、『ゴミすてのマナーが悪い』、など
入居者の室が悪いと思われる物件は、
どんなに建物はきれいでも資産価値は落ちてきます。


管理の悪い物件は賃料を引き下げなければ空室は埋まりません。


しかし、安い賃料で入る入居者ほどだらしない人が多く、
そのために建物がいっそう劣化するという悪循環に陥ります。




※EMP会員に登録いただけると、
不動産投資に役立つ知識をメルマガにて毎週配信中。
 ⇒ご登録はこちらから

 ⇒安心の不動産投資なら、EMP