「Gmail」をメールのバックアップに - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

林 俊二
ネットライフパートナー株式会社 なにしろパソコン編集長
東京都
ITコンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

北島侑果
(司会者)
北島侑果
(司会者)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

「Gmail」をメールのバックアップに

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
アカウントの追加設定は簡単!

インターネット検索の最大手 Google(グーグル)が提供するWebメールの「Gmail」はすっかり有名で、紹介する必要もないくらい便利です。

◆ Gmail http://mail.google.com/mail?hl=ja



なんといっても保存できるメール容量は増え続け、現在では約7GB、この容量は一般の利用者にとって無制限といっていいほどで、一生分のメールも保存できてしまいます。

保存されたメールの検索も、検索が得意なグーグル提供のサービスらしく、非常に快適かつ適切です。さらに迷惑メールはかなりの正確さで自動で振り分けてくれるのでスッキリ使えます。

そこで、自分がメインで使っている別のメールアカウントに届くメールを「Gmail」で受信できるように設定すれば、強力なメールのバックアップツールとして使うことができます。

◆ 別のアカウントからメールを受信(Gmailヘルプ)
http://mail.google.com/support/bin/answer.py?hl=ja&ctx=mail&answer=21288

もちろん「Gmail」で直接、メールの送受信してもいいのですが、私は使い慣れたメールソフトのほうがメールの作成には便利だと感じるので、あくまでも「Gmail」はバックアップとして使っています。

バックアップではありますが、外出時にネット環境があればメールチェックできたり、過去のメールからの検索などにも使えるので、本当に重宝しています。

「Gmail」は知っているけど、メインのメールの送受信に使うのはちょっと...、と感じている人も、バックアップ用に、と考えてみてはいかがでしょうか?結構、使えますよ。
  
 

パソコン生活応援アドバイザー 林 俊二(キューアンドエー株式会社


運営ポータルサイト編集長ブログメールマガジンパソコントラブルQ&A
インターネットFAX「メッセージプラス」ウイルス対策サービス「安心だネット!」