起業でも、どこの会社も同じ仕組みと思いがち - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業でも、どこの会社も同じ仕組みと思いがち

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 誰もが行っている仕事の仕組みやビジネス手法は、その大半がこれまで勤めていた会社の手法を、無意識に踏襲していると思われます。転職した経験がある人なら気付くと思いますが、会社によって仕組みや手法は大きく違っています。もし、新たな提案を考えたとして、採用するかどうかの判断基準は、一社一社が違っています。

 会社の歴史に違いがありますし、創業者の思い入れや業界の慣行など、色々な要素が複雑に絡み合って、会社の仕組みが作られています。このことを考えるきっかけとなったのは、NHK会長に就任した籾井勝人さんの「辞表を預かったことで理事が萎縮するとは思わない。一般社会ではよくあることだ」発言です。

 彼の言う一般社会とは、日本の企業社会のことでしょう。NHKの理事とは、一般企業では取締役のことです。サラリーマン時代のわたしは、取締役になることはなかったので、友人、知人の取締役経験のある人に聞いてみました。8人聞いて、1人だけ会社の業績が急速に悪化したとき、辞表を用意するよう求められたようですが、他の人は辞表を求められることはないようです。

 人間、自分の勤めていた会社の仕組みは、どこの会社にも同じようにあると思いがち。ところが、どこも特殊な例であって、ビジネス社会はそんな特殊な例が集合して、一つのビジネス社会になっています。企業の会計システム一つとっても、歴史の長い会社ほど仕組みは違っています。特に大手企業出身者ほど、同じと思い込みがちです。

 そう考えますと、起業するときには、無自覚的にそれまで勤めていた会社の仕組みや慣習を改め、自分なりに今の時代にあった仕組みを考えるべきです。起業する前の自分のビジョンを明確にして、従業員の人たちがやりやすい仕組みを導入すること。特に、生産性と作業効率に関しては、よく考えてムダを極力省くことです。

このコラムに類似したコラム

今日から始めよう!英動詞で鍛える起業力【accelerate】 菅原 茂夫 - 税理士(2011/12/22 12:00)

起業をいくら学んでも起業が実現できない理由 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/06 20:53)

起業当初からムダを極力排除したスタートを 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/05 20:50)

飲食店経営と食べログとの微妙な関係 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/20 20:54)

ゴルフメーカーが倒産した理由 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/15 20:44)