今後の国民生活は、どうなっていくのでしょう。 - ライフプラン・生涯設計 - 専門家プロファイル

森本FP事務所 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

伊藤 誠
伊藤 誠
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月03日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

今後の国民生活は、どうなっていくのでしょう。

- good

  1. マネー
  2. 家計・ライフプラン
  3. ライフプラン・生涯設計
くらしを守るマネー管理術 FP森本直人は、こう考える
本日のAll Aboutマネー、Q&Aランキングを何気なく確認したところ、
次のようなタイトルが並んでいました。

「毎月赤字です。 生活できません。 」
「これ以上節約できるところがあったら教えてください 」
「家計の見直し」
「お先真っ暗かもしれません」
「家計が火の車です」

これを見て思ったのは、今後の国民生活は、どうなっていくのだろう...ということです。

近頃のニュースでも、次から次へと年金記録問題が、表面化していますし、将来、年金が目減りしたり、消費税の増税が行われたりしたら、家計が、もたないのではないか、と思うのです。

仮に、公的な制度が、あてにならないとするなら、やはり、自己責任で何とかしていかなければなりません。

ポイントは、日本だけではなく、海外にも目を向けて、投資・運用をすることです。必ず覚えていただきたい3つのキーワードは、「長期」「国際」「分散」です。

資金が少ない方は、先ずは、家計を見直して、種銭をつくり、そして運用です。そんなに大げさなことではありません。今は、投資信託で1万円からできるのです。

「生活の知恵」としてのファイナンシャル・プランニングが、もっと身近なものになるよう、情報発信していかなければ、と思いました。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「くらしを守るマネー管理術」のコラム

投資をしない理由(2016/10/28 17:10)

安心なサービスの選び方(2016/08/26 16:08)