求む!海外販売挑戦者! - ブランド戦略・ネーミング全般 - 専門家プロファイル

(株)グローバルブランド / 山田貴弘
株式会社グローバルブランド 代表取締役
海外進出・販売コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ブランド戦略・ネーミング

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

熱い思いの起業家、中小法人が世界で活躍できる、そんな時代。
今後はそんな時代が本格的に到来すると確信しております。

 

現在のAmazonなどの海外通販はもちろん、小売店との直取引や現地ディストリビューターとの直取引など、流通経路、販売経路が多様化した今だからこそ、ねらい目の市場だと思います。

 

というのも、現地はとにかく新しいものを求めています。

情報獲得の簡易化、流通の多様化、そんな時代だからこそ越境マッチングは以前よりも圧倒的に容易になりました。

今まで、輸出といえば大企業、体力のある企業の天下でした。
その主な理由は、

 

現地でのマーケティング
少量でない輸出可能品のコンテナ輸出
資金回収はL/C決済、手形決済による長期ターム
為替リスクや企業としての信用

 

などなど、零細企業にはとっての参入障壁が高かったからと言えます。

しかし、現在は超零細企業でもニッチからであれば参入可能になってきております。

 

その大きな理由に、ネット取引の社会的信用の確立と海外決済の多様化が大きいと思います。
輸出規制の問題はあるものの、カテゴリーによっては規制にかかりにくいアイテムもあるので、得意分野を生かし狙いを定めれば非常に可能性のある市場です。

 

また追い風として、時代の変化とともに現地企業、店舗の仕入れ方法や意識も大きく変わってきており、店舗自体も海外から様々な形で直で仕入れるということが当たり前になりつつあります。

更にここ数年で確立したAmazonやeBayまた自社ECサイトという場を生かし海外取引に慣れ、大きな取引につなげていく。

今後はそのような例が多く出てくると思います。

 

そのような思いをもった企業様やこれから起業されるかた方に少しでも後押しで切ればと思っております。

 

 

今後世界へ向けたチャネル拡大、売上拡大をお考えの方は是非一度ご相談ください。

 

「海外駐在経験」「海外ネット販売経験」をもとに、根本的に課題を解決させていただきます。

 

このコラムに類似したコラム

2-2 日本市場は縮小し、機能や性能だけでは生き残れない 吉原 賢 - クリエイティブディレクター(2014/10/13 18:22)

70億人をターゲットにできる市場 (株)グローバルブランド / 山田貴弘 - 海外進出・販売コンサルタント(2014/01/24 19:19)

これから始めるブランドマーケティング!!! 南 卓志 - ブランドコンサルタント(2014/01/17 09:00)

堺市の太陽電池工場売却へ=首都圏の拠点も―シャープ 中村 光亮 - ブランドコンサルタント(2012/08/17 14:19)

太陽光発電ビジネスを取り巻く時流の変化を読む 中村 光亮 - ブランドコンサルタント(2012/07/10 11:48)