アベノミクスを巡る嫌な予感 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月05日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アベノミクスを巡る嫌な予感

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 積極外交を掲げ、精力的に外国訪問を続ける安倍首相。13年は、アジアや中東を中心に27カ国を訪問しています。14年に入っても1月から、中東、アフリカ、インドなどへ訪問の予定です。今年初め、安倍首相は外交に目覚めたと言われ、実践に移しました。

 自宅には帰りずらい出張好きの亭主ではないでしょうが、何せ外国を回っては閲兵することが好きなタイプと見受けられます。そんな外国訪問好きの安倍首相に、難問が噴いて沸きました。13年度の首相の宿泊費が底をつきそうなのです。既に、予算を使い果たし、来年1-3月分の予算がないようです。

 何とも間の抜けた話です。従来と違う新しい手法を導入するときは、資金と人材とを事前に確保することが、ビジネスにおいては常識です。これは、政治の世界においても、同様のことが言えるはず。「地球儀外交」を言う以上、予算をつけることは当然のことのように思われます。

 もし、事前準備なしに「地球儀外交」を言い出したのなら、安倍首相の外交成果が期待外れであるのも、当然かも知れません。実際、アジア各国を大勢の企業経営者を引き連れて回っていますが、多額のODA資金援助をする割に、大型案件などの成果は今一つなのが現実のようです。

 そこで気になるのが、アベノミクスの行方。13年の日本経済は、公共投資が牽引役となってそれなりの成果を上げています。ところが第三の矢となる成長戦略は、過去の政権同様に、新たな需要を生みそうな、民間主導の大規模事業を作りだせずに苦労しています。

 日銀総裁と一緒に自信満々で導入を決めたアベノミクスでした。もしかして長期金利の急上昇や急激なインフレ、賃金上昇が不発に終わったとき、リスクヘッジの対策が、まったくなしなんてことはないですよね。地球儀外交をするはずなのに、予算を組んでいなかった事態をみるとそんな心配が沸々と湧いてきます。

このコラムに類似したコラム

業種の決まらない起業探しとアベノミクス 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/06/05 20:44)

起業でも、どこの会社も同じ仕組みと思いがち 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/08 20:36)

起業をいくら学んでも起業が実現できない理由 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/03/06 20:53)

飲食店経営と食べログとの微妙な関係 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/20 20:54)

原発依存型社会から何故抜け出すことを考える 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/19 21:01)