起業で成功する理由と起業を拒む理由 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月02日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業で成功する理由と起業を拒む理由

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 起業に成功して軌道にのせている経営者に、秘訣を聞き出したいと思うのは誰もが思うことです。当然ですが、ほとんどの人は話しません。無用にライバル会社を増やすようなことは、経営者ならしないのが当然です。よく本を書いたり、成功談の講演で話している経営者がいますが、ほとんどは現在ではなく、過去に成功した人ばかり。

 そんな知りたい話題を、国家権力の力で聞き出す大胆なことを近畿財務局が行いました。1991年以降に起業して、現在も順調に事業を継続している中小企業経営者50人への調査です。最初に目に付くのは、起業の理由です。44%の人が「社会に貢献したかったから」 24%の人が「自己実現したかったから」 12%が「自分の裁量で仕事をしたかった」

 起業理由で一番耳にする、「(稼いでより)高い所得を得たいから」は4%です。起業で成功しない人が多い理由は、ここにあるのかも知れません。次いで、起業できた理由を漢字一字で表しますと、「志」が32%でダントツです。起業するという強い気持ちと、何のために事業を起こすか使命感とを持たないと、起業は上手くいきません。

 次いで自分を信じることの「信」が12%。人とのつながりによって起業を実現できたことでの「人」が10%です。逆に、起業を阻む最大の敵とは、「自分」が52%にも達します。自分に潜む弱い心と、志との間に葛藤が起きているわけです。また、最も怖い病気も自分自身から発生します。自分に厳しくできない人は起業が難しいです。

 起業の敵の第二位は、「固定観念」で12%。法律や制度、古い習慣などが起業を阻もうとします。第三位は「家族等」。家族の協力がなければ起業は成功しません。その家族が、起業の阻害要因にもなります。その起業した人たちからのメッセージです。「目的意識をしっかりもて」 「人とのつながりを大切に」「勇気をもって踏み出せ」 「金儲け目的では続かない」 「言い訳をするな」 「覚悟を決めて起業せよ」 「諦めずに努力しろ」

【一言】
 起業に成功している人の意見は、ほとんどが当たり前のことばかり。問題は、この当たり前のことを続けることができるか、どうかです。わたしは起業相談において、お金を稼ぐことだけを目的とする起業はお断りしています。相談を受ける以上、起業に成功してもらいですから、最初から可能性の低い起業理由での起業は止めるべきです。

このコラムに類似したコラム

他人に夢を話すことによって実現に近づける 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/01/24 20:23)

都知事も、経営を抜きに起業したことが問題に? 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/12/10 20:45)

起業したら絶対諦めないのが成功への道? 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/10/21 20:22)

官僚には言われたくない、起業リスクを取る取らない 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/04/23 20:37)

準備不足による起業の失敗は後を引きます 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/04/22 20:49)