古い家のリフォーム - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

古い家のリフォーム

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造設計
建築的
このところたて続けにリフォームの相談が来ている。
築30年とか40年の木造。
いつも困ってしまうのは、『木造』ってものが一般の人々にはよく理解されていないことにある。
木造建築は日本の伝統的なものに思われているかもしれないが、
1300年の法隆寺と庶民の町家では作りがまったく違う。
方や国家事業、方や貧乏長屋である。
「ケンカと火事は江戸の華」と言われた時代、
火事が起こるとそれが延焼していかないために、
「め組」とか火消しの鳶さんたちは、
風向きを読みながら、建物を壊して潰していった。
庶民の家なんていうのは、すぐ壊せる程度の作りの木造なのである。
その後もこの数十年前まで、大して変わらない方法で、
筋交の無いグラグラの家が当たり前に建てられてきてた。
「建物は壊れてもいいけど、最低でも人間の命だけは守れるように」
という耐震基準になったのは1981年のことである。
そんなわけで、築年数の古い木造をお化粧直しのリフォームでは済ませてしまうのはホントに怖い。
(世のリフォーム業者は平気で「大丈夫ですよ!」とか言うらしいが・・・)
ガッチリ補強をしたいところだが、それにはそれなりの費用が掛かる。
長年住み慣れちゃってるクライアントに耐震云々を理解してもらうのもけっこう難儀なこと。
かといって関わった以上は最善を尽くしたい。
古い家のリフォームはホント悩ましいのですよ・・・。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。

カテゴリ 「建築的」のコラム