惜しい - 住宅設計・構造設計 - 専門家プロファイル

須永豪・サバイバルデザイン 
長野県
建築家

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
SE構法のセミナーを聞きにいってきた。
以前にも開発者の藩繁さんの話は講演会で聞いていたし、
SE構法の採用を見当していた物件もあるので、たいへん良く出来たフレームだということは知っている。
いつも、間取りに左右されないしガッシリしたフレームなので長寿命の建物ができる、ということが強調される。
ただ、家を長く持たせるためには、フレーム構造だけの問題ではなく、
シロアリや腐りはどうか、雨漏りがちゃんと発見できるか、
1回は遭遇することになる大震災の際の経済負担、また大震災による大火災との関係、
いろいろ総合的にクリアしていなければ、良く出来たフレームも机上の空論になってしまう。
そういった現実の問題と解決のことは今回も語られなかった。
いい構法だと僕も思う。
それだけに、惜しいなぁ、とも思う。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(長野県 / 建築家)
須永豪・サバイバルデザイン 

人間らしい「サバイバル」ってなんだろう?

安心して寄り掛かれるおおきな木のような存在感と、ジャングルジムのような自由さと、楽器のような豊かな響きがある空間。そういうものを、木でつくりたい。

カテゴリ 「建築的」のコラム