起業した後のお客さんの絞込みとは - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
渕本 吉貴
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月07日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

起業した後のお客さんの絞込みとは

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 起業の第一歩は、お客さんをいかに作るか、その答えを考えるところから始めてください。どんなに素晴らしい商品を開発しようと、どれだけ開業資金を多く集めようと、最初のお客さんがいないことには、ビジネスは回り始めません。いつまでも、準備だけを続けるか、開業しても直ぐに店を閉じることになります。

 お客さんを、いかに早く、多く、関心の高い人たちを集めることが起業の課題です。初めて起業する側は、お客さんのイメージなどほとんど考えられません。どんなお客さんであろうと、ただただ感謝の気持ちです。

 ただ、店のイメージや販売方法によって、お客さんは似たような傾向になります。一般的には、4つに分類されるはずです。お客さんの世代が似通っている場合、収入水準が同じレベルである場合、職業や趣味が似ているような場合です。

 もう一つ、住んでいる地域が近いケースもあります。この4つの分類が、縦の糸と横の糸とに重なり合って、お店のお客さんを形成します。この傾向に早く気付くことが、起業を早く軌道に乗せるキーポイントです。開業したら、笑顔と一緒に、アンテナを張り巡らせることです。

 感度の鋭い起業家の場合、準備段階でお客さんの傾向に仮説を立て、PR方法を考えます。宣伝文句一つをとっても、誰にでも受け入れられるキャッチコピーよりは、対象を絞ったキャッチコピーの方が効果的です。実際、この方がよく売れますし、お客さんも支持してくれます。

 商品やサービスを売るということは、お客さんとのコミュニケーションが上手いことです。もし売れゆきが悪い場合は、早く方向転換を図って、違うお客さんにアプローチすることです。そうすることで、起業での失敗する確率を少なくしましょう。

【一言】
 現在のイオンの始まりである岡田屋は、300年以上の歴史があります。このお店の家訓は、「大黒柱に車を付けよ」。どんなに儲かった事業であっても、お客さんニーズの変化に対応して、柱の事業を変えていきなさいと理解されています。起業での思い込みや、成功体験にしがみ付かず、勇気をもってお客さんニーズに応えることが、ビジネスでは大切です。起業経営相談を利用して失敗しない起業を

このコラムに類似したコラム

目の前にある課題をまとめ切ろうとして。 松本 仁孝 - 行政書士(2012/06/16 20:08)

クリニックの建築費 高橋 博章 - 資産経営アドバイザー(2015/11/04 08:53)

経営発表大会 高橋 博章 - 資産経営アドバイザー(2015/10/26 08:00)

飲食店経営と食べログとの微妙な関係 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/20 20:54)

いつも見ているため客観的に見れなくなった 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2014/02/13 20:50)