この夏、店員が冷蔵庫に入るたびドキドキしてる経営者 - 独立開業全般 - 専門家プロファイル

中山おさひろ
東京都
起業コンサルタント

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:独立開業

藤 拓弘
藤 拓弘
(経営コンサルタント)
萩原 貞幸
萩原 貞幸
(経営コンサルタント/起業家)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
中山おさひろ
(起業コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月09日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

この夏、店員が冷蔵庫に入るたびドキドキしてる経営者

- good

  1. 法人・ビジネス
  2. 独立開業
  3. 独立開業全般
 この夏、マスコミに格好の話題を提供したのが、営業店店員が冷蔵庫やショーケースに寝そべった写真。ツイッター上にアップして大変な批判を浴びました。他にも、食材に寝そべったり、有名人の来店模様を投稿したり、営業店としてはお粗末な店員の問題行動が、次々にマスコミネタになって登場しました。

 6月18日、高知県のローソンでは男性店員がアイスクリーム冷凍庫内で寝転んでいる写真をツイッターに投稿。6月25日には東京のバーガーキングで、ハンバーガー用のパンの上に寝る店員の様子をアップ。6月28日には、弁当のほっともっとで冷蔵庫の中に寝転ぶ店員が登場しました。

 7月19日には、神奈川県のファミリーマートでサッカーの日本代表選手が来店した模様をツイッターに投稿。8月4日には、丸減ラーメンの女店員二人が、食材を咥えている画像をアップしています。8月6日には、ロンコビリーで店員が冷蔵庫に入った写真を投稿したために、営業店は即刻休業を発表しました。

 一般の人には、「アルバイト店員が調子に乗って馬鹿なことを」と思うかも知れません。ところが店舗の経営者にとっては、このようなカタチでニュースネタになることで、ひとつ間違えると廃業に追い込まれる可能性があります。事実、フランチャイズのローソンでは、本部から契約解除を言い渡されました。

 今や、アルバイトの問題ではなく、店舗やフランチャイズ本部の問題になっています。突き詰めるところ、従業員に対する教育の欠如が問題発生の原因です。スマホがこんなに発達するまで、このような問題が続出することはありませんでした。社会の変化によって、新たに発生した問題といえます。

 以前から、起業において従業員教育は大事な項目でした。お店の最前線で接客する仕事ですから、本人任せにするのではなく、お店の方針に沿ってしっかり考えを伝えることが大事です。同時にこれからは、仕事中にスマホを使うことを禁じる項目も、増やしておかなくてはなりません。

【一言】
  「今の若い子は、わたしなんかより客扱いは上手いですよ」 コーヒーショップの開業を目指していた起業家に、従業員教育でこんなことを言われたことがあります。いつまでも接客と店番とを勘違いしている人がいます。しばらくしますと、案の定経営が厳しくなりました。従業員問題ばかりではないのでしょうが、現在の店舗経営で重要なポイントに目が向いていないことは確かです。

このコラムに類似したコラム

ブラック企業の経営者が陥りやすい・・ 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/09/03 20:34)

お客さんに嫌われるビジネスは続かない 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/06/01 20:56)

起業する前から従業員教育を視野に入れ 中山おさひろ - 起業コンサルタント(2013/05/10 21:22)

朝日新聞フロントランナー・企業再建弁護士は凄い! 森 大志 - 税理士(2013/03/15 18:45)