アジア各国の株価指数1年間の動き(2012年6月30日~2013年6月28日) - お金と資産の運用全般 - 専門家プロファイル

オフィスマイエフ・ピー 代表
東京都
ファイナンシャルプランナー
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:お金と資産の運用

山中 伸枝
山中 伸枝
(ファイナンシャルプランナー)

閲覧数順 2016年12月08日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

アジア各国の株価指数1年間の動き(2012年6月30日~2013年6月28日)

- good

  1. マネー
  2. お金と資産の運用
  3. お金と資産の運用全般
資産運用の原則 ETF(上場投信)とインデックスファンド
下図は、日本を除くアジアの先進国の株価指数の動きです。期間は2012年6月30日~2013年6月28日で、香港ハンセン指数(黄色)、シンガポールST指数(ブルー)、そしてオーストラリアのS&PASX指数に連動するETF(紫色)の動きです。

オーストラリア株価指数は、昨年後半から年初にかけて上昇し5月には25%上昇しましたが、6月に入り急落しました。ただし、1年間で15%上昇のレベルは確保しています。

シンガポールST指数は、昨年下半期は上昇していますが、その後ずるずると下降、6月には香港と同時に急落し5%を超えるレベルに留まっています。
香港ハンセン指数は、昨年下期は振るわず、11月中旬から上昇し今年に入ってからは、そのレベルを維持していましたが、やはり6月に急落しています。

130630アジア先進国3国

極東の3国の株価指数は日本のそれに比べ低調で、台湾加権指数(黄色)、中国の上海総合指数(ブルー)、韓国総合指数(紫色)の2012年6月30日から2013年6月28日の動きです。

上海総合は中国景気の鈍化や6月の短期金利(シャドウバンク等の影響)の急騰により、昨年6月のレベルは維持できずに、当該年間でマイナスとなっています。三国の中では台湾の動きが、年明け以降顕著です。6月末の反発で10%の上昇に手が届きました。韓国は昨年が上昇が5%超レベルで推移していましたが、6月には一時マイナスレベルに落ちてしまいました。

130630極東の3国

下図は、オセアニアとそれに接するインドネシアの株価推移です、期間は2012年6月30日~2013年6月28日で、ニュージーランドのNZ50(黄色)、オーストラリアASX(ブルー)とインドネシア総合の動きです。
ニュージーランドは、5月末まで一直線に上昇、6月も下落幅が小さく30%上昇を維持しています。インドネシアとオーストラリアはニュージーランドに遅れて上昇し6月の下落で
オーストラリアは15%、インドネシアは20&を超えています。

130630オーストラリアニュージーランドインドネシア


下図は、ムンバイSENSEX指数(黄色)、マレーシア総合指数(ブルー)とシンガポールST指数(紫)の動きです。期間は2012年6月30日からの1年間です。
今年に入りってもマレーシア総合の低調さが顕著でしたが、5月に入り上昇し6月にも横ばいを続けたことから、結果として10%の上昇になっています。ムンバイとシンガポールは本年に入り上昇を続け15%を超えたのですが、6月の急落で5%台に戻ってしまいました。

130630シンガポールムンバイマレーシア

アジア各国の株価、同一の動きではありません、それぞれの国の特性に合わせ、投資の分散が必要と思います。

文責
FP学会会員
独立系顧問料制ファイナンシャル・アドバイザー
オフィス マイ エフ・ピー 代表 吉野 充巨

【保有資格】
ファイナンシャル・プランナー:日本FP協会認定CFP(R)/一級ファイナンシャル・゜ランニング技能士
宅地建物取引主任者 (東京)第188140号
ロングステイ財団登録ロングステイアドバイザー&登録講師

独立系顧問料制アドバイザーとは
http://profile.allabout.co.jp/w/c-64005/
http://mbp-tokyo.com/officemyfp/column/12298/
http://www.officemyfp.com/komonryouseiadviser.html

『このコラム又は回答は、投資判断の参考となります情報の提供を目的としたものであり、有価証券の取引その他の取引の勧誘を目的としたものではありません。
投資による損益はすべて読者・ご相談者ご自身に帰属いたします。
投資にあたりましては正規の目論見書、説明書等をご覧いただいたうえで、読者・相談者ご自身での最終的なご判断をお願いいたします。
本コラムは、信頼できると判断した情報に基づき筆者が作成していますが、その情報の正確性若しくは信頼性について保証するものではありません。』

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「資産運用の原則」のコラム

カテゴリ このコラムに関連するサービス

対面相談 資産運用相談(アドバイス専門)

保険・金融商品の販売・仲介はしないアドバイスの専門家

料金
5,000円

「売り手の利益」は「買い手のコスト、解らないものは買わないことがベストなど、商品を売らないからこそできるアドバイスです。貴方サイドに立った目線で貴方の質問にデータや、資産運用・投資の原則でお答えします。

資産運用相談(アドバイス専門)

このコラムに類似したコラム

アジア・オセアニア主要10か国の株価の動き(2012年8月1日~2013年7月31日) 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/08/11 15:00)

グラフで確認する過去1年の世界株価指数、新興国株価指数とTOPIXの推移、 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/07/08 17:00)

2012年アジア・オセアニア諸国の株価指数の推移:好調な国不調な国様々です。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/01/05 10:00)

主要株価指数と主要商品先物価格の週間騰落率(2013年9月6日/8月31日)。 吉野 充巨 - ファイナンシャルプランナー(2013/09/09 12:00)