愛され服は愛されません! - 対人力・コミュニケーションスキル - 専門家プロファイル

冨永 のむ子
パーソナルクレド舎 COO クレド作家
パーソナルコーチ

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ビジネススキル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

愛され服は愛されません!

- good

  1. スキル・資格
  2. ビジネススキル
  3. 対人力・コミュニケーションスキル
「モテル服」という言葉、よく出てきますよね。同義語で「愛されキャミ(ソール)」とか。

違和感ありません?

服装で高感度アップとか、周囲にアピール、とか言っているくせに、
何言ってんの?と言われそうだけど、
着れば、誰でもが瞬時にモテる服なんて、あるわけがない!

雑誌M○R○なんかによくある、フリフリの「愛されキャミ」を、
ムキムキ肩の私が着たら・・・、オカマよりもっとオカマです!

愛されキャミが素敵に見えるのは、着ているモデルと同じように
キャミに負けないラブラブテイストの女の子。

無理にそんな服を着るよりも、自分らしく素敵に見えるスタイルでいることが一番大事!
最新号の「Precious」のキャサリンヘップバーンの記事を読んであらためて思いました。

4度のアカデミー賞を受賞し、20世紀最高の女優と言われているキャサリーンヘップバーン。

ゆったりしたパンツとメンズライクなシャツが彼女のトレードマーク。
今でも古く見えない、シンプルなカジュアルスタイル。
抜群のプロポーションと、さっぱりした気性の持ち主であることが、全身からうかがえる。

映画や写真集でも、衣装の殆どは同じスタイルで、
若い駆け出しの頃に、もっと女優らしい服装を!と何度言われても、
自分はこのスタイルが似合うと、押し通したのだそう。

そしていつしか、そのスタイルが世界の女性の憧れに。

は〜、潔い。

もちろん、飛びぬけた美しさやスタイルの良さがなせる業なんだろうけど、
もしも彼女が、周囲の言うなりに、女優っぽい「愛される服」を着ていたら・・。
生後100年経った(1907年生)今なお、話題にのぼる大女優ではなかったのでは。

プライベートらしいスッピン笑顔の写真も載っていたけど、
充実感に満ち溢れた笑顔は、女優顔にメイクした時の、ため息の出るような美しさにもひけをとらない。

自分のスタイルを持った人ならではの美しい姿。
年齢を重ねた時に、あんなスタイルに近づきたい。そんなふうに思いました。