南向きではないけれど明るい家は作れます [北向きの家(土地)] - 新築住宅・注文住宅 - 専門家プロファイル

志田 茂
志田茂建築設計事務所 代表
東京都
建築家
専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

南向きではないけれど明るい家は作れます [北向きの家(土地)]

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 新築住宅・注文住宅
これから家をつくる人へ 思いを実現する家づくりのたね

北向きの土地でも明るい家は作れます。

写真は、東 南 西 をビルに囲まれた北側道路の土地に作った3階建ての2世帯住宅です。

上の写真は2階のリビング。

どちらの方角かわかりますか?

北側なんです。

この家に来る人は、このリビングが明るいので北側だとは思わないそうです。

 

どうして北向きの部屋でも明るいのか?

どうしてこの家に来た人は北向きだと思わないほど明るいかというと・・・・

いくつか工夫があります。

◆ 北側の窓を大きくする

一つは、北側の窓を大きくした事です。

人の目は、たくさんの光があると 明るく感じます。

この家が北向きでも、道路の向うの土地は南向きです。そこにはサンサンと太陽の光がそそぎます。

窓を大きくする事で、その光を十分に感じる事ができます。

 

◆ 階段を使う

階段を、光を取り込む装置として考えました。

3方をビルに囲まれていても、北の道路側部分の屋根に冬でも太陽の光が当たっているのを、

建替える前の家を見た時に発見しました。

階段を北側に寄せ、階段部分の屋根には大きなトップライトを作りました。

冬でもそのトップライトには太陽の光が当たるのですから、1年中光が当たる事になります。

つまり、トップライトを通して、階段には1年中光が入るのです。

階段に接する部屋の壁はガラスにしました。それによって、部屋も1年中明るくなるのです。

 

明るい と 陽が入る 事は違います。

もちろん明るいからと言って、直接陽が入るのとは違います。こればかりはどうしようもありません。

しかし、季節や時間によって、建物の間から、わずかですが、陽が入る時間があるのです。

1階は、2階ほどにはなりませんが、2階と同様の方法で、北側に作ったリビングは、結構明るいです。

 

北向きの土地でも怖くない。

好んで北向きの土地を求め事はないと思いますが、諸々の事情で北向きの土地になったとしても、

周辺を注意深く観察し、いろいろな方法によって、明るい家にする事はできます。

決して、「北向き」でイメージする じめじめして暗い家 にはなりません。

北側が公園や、景色のいい土地であれば、むしろそれは、よい出会いかもしれませんよ。

 

◆ 北向きの家の事例

北側道路 3方をビルに囲まれた 北向きの家 : No.4(ナンバーフォー)

1階 2階 それぞれの部屋の北方向、南方向の写真をご覧いただけます。

 

-------------------------------------

南向きの土地ではなくても 設計の工夫で明るい家を作ります。

志田茂建築設計事務所

 

このコラムに類似したコラム

家とは幸せに生きるための道具です 志田 茂 - 建築家(2013/05/22 12:44)

心地いい小さな家を、いや、心地いい場を作りたい 志田 茂 - 建築家(2013/05/20 14:01)

質問 家とは何か 志田 茂 - 建築家(2013/04/24 18:00)