リフォームを失敗しないようにする方法 - 住宅設計・構造全般 - 専門家プロファイル

岡田一級建築士事務所 
大阪府
建築家
06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅設計・構造

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リフォームを失敗しないようにする方法

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅設計・構造
  3. 住宅設計・構造全般
●家を建てよう!!

リフォームは自分がよく知っている家を改造することです。
ですので、ついつい気軽に「ここをこうして、あそことああして」とかんがえて家を変えてしまいます。リフォームを手がける建築業者は、建築を本業とする人ばかりではありません。設備業者さんであったり、不動産仲介業者さんであったり、建築関連業者さんがリフォーム産業に参入しています。
その結果、構造や温熱性能に無頓着で、部屋は綺麗になっても地震に弱い家になったり、使い勝手が良くなったのに光熱費が嵩む家になったりします。
耐震診断・温熱計算をしっかりこなす設計事務所による監理が入って、リフォームは成功すると考えています。しかし数百万円程度のリフォームに設計事務所に入ってもらうのも、勿体無いと云うのが本音かとも思います。

最低限の家の性能を守る方法があります。リフォームに公的資金を導入することです。別に自己資金でリフォーム費用が賄えても、助成金や低金利の融資を受けるのです。何故かと言いますと、公的資金には使途に従って適正に資金が使用されているか監査が入ります。ここで云う適正とは耐震改修がしっかり出来ているか、温熱改修が正しく出来ているかを指します。つまり設計事務所の仕事を公的機関が代行しているのにほかなりません。設計事務所も申請とか実際の構造計算・温熱計算にスタッフとして加わることになりますから、割高にはなりますが、助成金や低金利の費用を受けられる事を考えれば、決して悪い方法ではありません。

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(大阪府 / 建築家)
岡田一級建築士事務所 

木造免震住宅を設計する建築家。

建築基準法だけでは、家の健全性は担保されません。地震に耐える家(耐震)より地震の力を逃す家(免震)が求められています。規格住宅では真似の出来ない、オリジナルな免震住宅をご提案します。全国からのご依頼に応じます。

06-6714-6693
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「●家を建てよう!!」のコラム

親父の居場所(2014/01/23 09:01)

居場所と間取り(2014/01/22 08:01)

悪徳ビルダーにご用心(2013/12/19 08:12)

このコラムに類似したコラム

摂津市の耐震診断・改修助成金制度 福味 健治 - 建築家(2013/07/04 08:00)

松原市の耐震診断・改修助成金制度 福味 健治 - 建築家(2013/06/26 06:31)

高槻市の耐震診断・改修助成金制度 福味 健治 - 建築家(2013/06/12 08:06)

コンクリート打放し仕上の断熱性 岩間 隆司 - 建築家(2011/11/04 10:42)

いざ鎌近。神奈川県立近代美術館鎌倉・最後の日々 岩間 隆司 - 建築家(2016/01/29 14:43)