借地法での「朽廃」による契約解除 - 住宅・不動産の法律問題 - 専門家プロファイル

矢崎不動産オフィス株式会社 代表取締役 矢崎史生
東京都
不動産コンサルタント
03-6277-5043
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

木原 洋一
木原 洋一
(不動産コンサルタント)
森田 芳則
森田 芳則
(不動産コンサルタント)
木原 洋一
(不動産コンサルタント)

閲覧数順 2016年12月10日更新

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

借地法での「朽廃」による契約解除

- good

  1. 住宅・不動産
  2. 住宅・不動産トラブル
  3. 住宅・不動産の法律問題
借地権に関するコラム

本日は、たまに質問を受ける借地法の「朽廃」に関してご説明させて頂きます。

まず、「朽廃(きゅうはい)」とは、建物が朽ち使用に耐えれない状態の事を指します。

ご承知の方も多いとは思いますが、借地法第2条には、契約期間満了前であっても、建物が朽廃した時は借地権は消滅する旨が記載されております。

 

借地法第2条

「~中略~但シ建物カ此ノ期間満了前朽廃シタルトキハ借地権ハ之ニ因リテ消滅ス」

 

では、実際に朽廃とは、「建物がどの程度の状態を指すのか?」ここがわかりづらい点の一つとなります。

 

まず、指標となるのが裁判所の判例です。

裁判所では、「朽廃」の範囲をかなり狭く解釈する傾向があります。

 

具体的には、

・自然の推移により、建物の社会的・経済的価値が失われた場合(火事等は含まれません。)

・基礎・柱・壁が腐食し、いつ倒れるかわからない危険な状態。

・建物内部への人の出入りに危険を感じさせる場合。

 

などが、朽廃の定義となり、裁判所では上記や様々な状況を考慮し総合的に判断します。

 

よって、例え築年数がかなり古い場合でも、人が現に居住している場合などには、なかなか認められにくいと言えます。

 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(東京都 / 不動産コンサルタント)
矢崎不動産オフィス株式会社 代表取締役 矢崎史生

借地、もう悩む必要はありません!!

2011年7月に「借地専門の不動産会社」を起ち上げました!!借地借家法が制定されてから約20年が経過しますが、いまだに旧「借地法」での契約が多く残っております。当社では、その借地を専門に取り扱う不動産会社です。

03-6277-5043
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ 「借地権に関するコラム」のコラム

このコラムに類似したコラム

旧借地法で、契約更新を「拒絶」するには? 矢崎 史生 - 不動産コンサルタント(2012/06/03 18:31)

ハゼモトをご検討されるご家族の皆さまへ 櫨本 健一 - 工務店(2011/10/25 11:16)

賃貸住宅の更新料は「有効」 宮下 弘章 - 不動産コンサルタント(2011/07/19 23:20)

借地非訟(しゃくちひしょう)・・・借地非訟とは 鈴木 豪一郎 - 宅地建物取引主任者(2010/07/07 11:05)

トラブル事例④~私道の通行確保 森田 芳則 - 不動産コンサルタント(2013/07/15 13:38)