犬の医療・健康の専門家に相談、悩み解決 - 専門家プロファイル

犬の医療・健康 の専門家に相談、悩み解決!

[ ペットの医療・健康 ] をさらに絞込む

専門家をご紹介

沖田 将人

獣医

地域に密着したワンランク上のホームドクターを

アレス(Alles)とはドイツ語で「あらゆること」を意味します。インフォームドコンセントの充実、夜間救急診療、年中無休など動物たちの幸せにつながることなら、飼い主…

沖田 将人

Dr.Nyan

獣医

老齢管理を頑張る、気が若い獣医師

「病気にはならないよう、また健康維持のために動物病院を受診するよう」願い、老いても自力で歩き、自分で食べ、誰の手も患わせずにウンチやオシッコが出来る、そん…

Dr.Nyan

平野 由夫

獣医

獣医療の透明性と動物に優しい診療を、常に心がけています。

言葉を話す事ができない、ワンちゃんやネコちゃんの診療は、いつも身近で暮らしている皆様から、日々の生活の様子を、お伺いするところから始まります。どうぞ、皆様…

平野 由夫

専門家が投稿したコラム

もう年だから・・・とあきらめないで!

今年、飼育頭数の30%のワンちゃんが10歳を越えようとしています。夜吠えるようになったり、体に触ると嫌がったり、散歩に行きたがらなくなったりしても、「もう年だから」とあきらめていませんか?もしかしたら、その変化は病気によるものかもしれません。年齢による変化は徐々に現れてくることが多いのですが、急に変化が出てきた場合は、何か病気が原因かもしれません。体を触ったら、嫌がるようになった、人の近くに来なく...

千田 純子
執筆者
千田 純子
獣医

8cmの竹串

 前回は異物誤飲の症状について書かせていただきましたが、今回は異物を実際飲み込んでしまったら(あるいは飲み込んだ可能性があったら)どうするか、ということについて書いてみましょう。    まずは病院へ電話。  当たり前ですが、ここで家族会議を実施し、「ちょっと様子を見ようか」とか、なじみのペットショップに電話して相談する、という選択肢を選ぶ飼い主様が意外と多いです。    まず主治医の先生...

沖田 将人
執筆者
沖田 将人
獣医

サービス

該当する情報は見つかりませんでした。

写真・作品

該当する情報は見つかりませんでした。

「地震対策」に関するまとめ

「犬の病気」に関するまとめ

  • 犬の病気は犬種によって症状は様々…そんな悩みを獣医さんに聞いてみました

    元気だった愛犬が突然ぐったりしてご飯を食べない…あなたはこんな経験ありませんか?犬は暑さや寒さによっても体調をすぐに崩してしまいます。また、急にワンワン吠えたり、くるくる回転したり、そんなときの犬の病気の対処法について獣医など専門家がアドバイス!記事を読んでいて、「うちの子もそういえば…」と思い当たることがあればすぐ病院へ連れていきましょう。

「ネコの病気」に関するまとめ

  • 飼い猫が病気になったらあなたはどうしますか?獣医さんに聞いた猫の病気の対処法

    飼っている猫の具合が急に悪くなった!そのときアナタはどんな行動をとりますか?最近、飼い主さんが「一日様子を見よう」といって重症化してしまうケースが増えているとか…。動物は人の言葉を話すわけではありません!あなたの大切なパートナーと長く一緒に過ごすためにも、「ちょっと食欲ないな」「歩き方がおかしいぞ」など普段と違う行動をしているなと感じたら、すぐに獣医さんなどの専門家に相談しましょう!

  • 犬の医療・健康に関する質問・相談なら

無料のQ&Aで、質問を専門家に投稿

非公開で、専門家に一括相談・見積