もう年だから・・・とあきらめないで! - 犬の医療・健康 - 専門家プロファイル

ペット行動コンサルタントSENDA 
千葉県
獣医
080-4002-8745
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

注目の専門家コラムランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

もう年だから・・・とあきらめないで!

- good

  1. 人生・ライフスタイル
  2. ペットの医療・健康
  3. 犬の医療・健康

今年、飼育頭数の30%のワンちゃんが10歳を越えようとしています。夜吠えるようになったり、体に触ると嫌がったり、散歩に行きたがらなくなったりしても、「もう年だから」とあきらめていませんか?

もしかしたら、その変化は病気によるものかもしれません。年齢による変化は徐々に現れてくることが多いのですが、急に変化が出てきた場合は、何か病気が原因かもしれません。

体を触ったら、嫌がるようになった、人の近くに来なくなった。などは、なにか体に痛みがある場合があります。

食欲がなくなったり、偏食をするようになったら、もしかしたら、肝臓や腎臓の機能が落ちてきていて、食欲がなくなってきているのかもしれません。硬いものを食べられなくなったら、口の中に炎症があるのかもしれません。特に太っているワンちゃんの場合は、要注意です。

腫瘍や、炎症、痛みや不快感などがあると人から離れて、じっとしていることが多くなったり、散歩などを楽しまなくなってきます。

「年だから」とあきらめずに、診察をして、病気がないように健康管理をこまめにするようにしてください。若い頃は1年に1回でよかった健康診断ですが、8歳を超えたら、半年に1回ぐらいは必要かもしれません。




 |  コラム一覧 | 

カテゴリ このコラムの執筆専門家

(千葉県 / 獣医)
ペット行動コンサルタントSENDA 

科学的な理論を基に人と動物が共生できる方法を提案します。

ペットの犬や猫の問題行動の予防や改善のためのコンサルテーションや個人トレーニング、グループトレーニングを行っています。当しつけ教室の卒業生には、老人福祉施設や病院、緩和ケア病棟でセラピー犬として活躍しているワンちゃん達もいます。

080-4002-8745
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

カテゴリ このコラムに関連するサービス

メール相談 ペットの問題行動Web相談

愛犬や愛猫を理解し、困った行動を改善するお手伝いをしていきます。

料金
5,000円

近くにペットの問題行動を相談できる動物行動の専門家やバッチフラワーの専門家がいらっしゃらない方でも、PCやタブレットの画面を見ながら相談ができます。実際に画像を見ながらわからないところを確認して質問することができます。

ペットの問題行動Web相談

このコラムに類似したコラム

体についたそのマダニ!!けして引っ張っては… 沖田 将人 - 獣医(2011/05/27 22:18)

犬、猫のダイエット パート1 沖田 将人 - 獣医(2010/11/20 21:09)

ダックスフンドの椎間板ヘルニア 沖田 将人 - 獣医(2010/04/09 00:30)