休職期間に有給を使った場合。傷病手当金について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

休職期間に有給を使った場合。傷病手当金について

マネー 年金・社会保険 2010/02/14 01:12

自律神経失調症を患っており、医師から1ヶ月自宅療養の指示を受け、現在休職している者です。
現在は休職して15日目になります。

・1ヶ月自宅療養の診断書を会社に提出している。
・正社員で組合保険に加入していて、1年以上勤務している。
・4日以上病気のために休んでいる。(→待機日数は完了している)

上記より支給の対象になると思うのですが、職場と話し合いをし、退職という話が出ています。
その際「今まで休んだ15日間は有給を利用して、有給を使い切った後、そのまま退職にしましょうか?」と言われました。
待機日数が有給になってしまうと、傷病手当金の申請はできなくなるのでしょうか?
治療はまだ継続するので、金銭面を考えますと、傷病手当金を申請できたらと考えています。よろしくお願い致します。

piiさん ( 神奈川県 / 女性 / 21歳 )

回答:1件

山宮 達也 専門家

山宮 達也
ファイナンシャルプランナー

- good

傷病手当金と有給休暇

2010/02/19 18:50 詳細リンク

はじめまして、pii様 FPの山宮と申します。

休職でお辛いことと思いますし、ご不安の点も多いでしょうね。

傷病手当金の支給要件は以下のとおりです。

・被保険者の資格を喪失した日の前日(退職日)までに引き続き1年以上
被保険者であること
・被保険者の資格を喪失した際に、傷病手当金の支給を受けていること
となります。
・同一の傷病による労務不能状態が退職後も継続していること。

となります。
支給を受けていることとは
実際に傷病手当金の支給を受けているか、あるいは、給与等を受けていて
支給が停止されている者に該当するかになります。

傷病手当金の対象は、傷病で休み始めて、4日目から支給の対象になります。
従って休み始めて3日目に退職すると傷病手当金の対象になりません。

原則は以上ですが、健康保険組合によって基準が異なる場合がありますので、
健康保険組合に確認されることをお勧めします。

回答専門家

山宮 達也
山宮 達也
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
070-4004-0236
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

相談者自身が考えて行動を起こせることを目指します

知らないと損することが多い世の中です。保険や公的な手続きは、自分からアクションを起こさないと得られるものはありません。相談者のお話をよくお聞きして、相談者自身が自らアクションを起こせるようなアドバイスを行ってまいります。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

退職後の保険 智恵8902さん  2009-08-20 19:48 回答1件
同じ病名での傷病手当申請 ally0129さん  2009-01-16 12:45 回答1件
退職後の傷病手当金の延長給付について まんまる55さん  2009-08-26 12:37 回答1件
傷病手当金について 桂花さん  2009-08-14 19:30 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)