気分変調症の主人、カウンセリングは有効でしょうか - 心の不安・性格改善 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:心の不安・性格改善

気分変調症の主人、カウンセリングは有効でしょうか

心と体・医療健康 心の不安・性格改善 2010/02/13 15:52

初めまして。気分変調症の主人に付きましてご相談させて頂きます。

およそ4年前より気分がすぐれず、メンタルクリニックの門を叩いた際に、鬱状態と診断されたのですが、それからほどなく気分変調症と診断されました。

今は診断された病院から医大に転院し、治療を行ってますが投薬治療のみです。
以前、気分変調症にはカウンセリングも並行した方が良いと聞いた事があるのですが、いかがなものでしょう。

以前激しかった死にたい死にたいと言う言葉や実際に死に場所を求めてさまよう事は今はないのですが、それでも自宅にいるとたまらなくなります。

子供に暴言、私にも暴言に怒鳴り、自分が何かをお願いしたい時だけニコニコして来たかと思うと、言われた通りにした時も自分の思ったような結果が出なかった場合は、大きなため息と同時にイライラが始まります。

この状態が既に4年間続いており、そろそろ私自身の精神状態も不安定になりつつあります。
それでも、育児をしなくてはならないので自分をしっかりと持ちながら子友達へのフォローもしながらの毎日です。

主人の気分変調症はなかなか治らない病気と聞きましたが、カウンセリングである程度緩和が期待されるものでしょうか?

以前一度だけカウンセリングに行った事があったのですが、その時以降本人の希望で辞めてしまってます。
原因は、自分のえぐられたくない部分に触れられたと言う事です。

主人自身が、幼少期から機能不全と言えるような家庭で育ち、父親からは暴力、母親からは嘘や騙されの繰り返しで、母親からのそれは今でも続いています。
それでも親だから。。と我慢をしながら、親の言いなりに近い部分もあります。

どうにかしてあげたい、今の主人と子供達との生活を元に戻したいと言う一心で頑張ってますが、私一人ではどうなるものでもなく。

アドバイス等ありましたら、よろしくお願いいたします。

Tamiyumiさん ( 神奈川県 / 女性 / 42歳 )

回答:1件

親の暴言によるトラウマ?生活習慣改善+傍観者体験を

2010/03/28 14:56 詳細リンク

死への願望、子供や妻への暴言、イライラ感等の症状はうつ病を示唆しますが、言動や態度がコロコロ変わるとすると気分変調症の要素も確かにあると思われます。お話からすると、病院の薬物療法による症状の軽減は部分的かつ表層的で、本質的に状況が改善したとは言えないのが正直な所ではないでしょうか。

うつ病にせよ気分変調症にせよ、凡そ病気には原因というものがあります。薬物のみの治療方針に不安を抱いておられますが、無理もありません。薬物には今ある症状を軽減させる効果はありますが、病気を根本から改善し治癒させる力はないのです。

うつ病の原因としては一般に、ストレスや過労、過去のトラウマ、環境の急激な変化、食生活や栄養バランスの乱れ、低体温などが挙げられますが、何か該当するものはあるでしょうか。対話によって原因を解明し解決していくカウンセリングならば有効ですが、いたずらにプライバシーをえぐるようなカウンセリングは考えものです。

食生活を例に挙げると、お菓子など甘いものの摂り過ぎは反応性低血糖を、ビタミン、ミネラル、アミノ酸の不足は神経伝達物質の欠乏をそれぞれ招き、神経機能を障害してうつ病や気分変調症の増悪要因となり得ます。具体的にはこのQ&Aやコラムに頻繁に詳述していますので、参考になさってください。

さらに幼少期に、両親から暴力や嘘偽りの言動を繰り返し受けた事が精神的トラウマになっているとみられ、そのような仕打ちを今度は妻や子供に対して向けている、という悪循環の構図になっている模様です。

その様な辛い幼少期の記憶に向き合う時には、その渦中に居る自分を当事者ではなく「傍観者」として眺めるという手法があります。現在の傍観者としての自分からは、当時の自分がどのように見え、どのように感じ、どのようにアドバイスしてあげられるでしょうか。そのように立ち位置を変えることで、家族への態度にも変化が現れる可能性があります。

回答専門家

吉野 真人
吉野 真人
(東京都 / 医師)
03-3277-3737
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

あなたの自然治癒力を引き出し心身の健康づくりをサポートします

病気を治したり予防するにあたり、いちばん大切なのは、ご本人の自然治癒力です。メンタルヘルスを軸に、食生活の改善、体温の維持・細胞活性化などのアプローチを複合的に組み合わせて自然治癒力を向上させ、心と身体の両方の健康状態を回復へと導きます。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

パーソナリティ障害なのでしょうか? ねこ88ねこさん  2008-06-29 03:43 回答1件
空の巣症候群から重度のうつ病へ aonoriさん  2008-03-29 21:52 回答1件
訳が分からない。どうすればいいのだろうか。 通りすがりの暇さん  2012-10-26 01:59 回答1件
長年の過食症について IKUMIさん  2007-12-11 18:34 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

対面カウンセリング

心療カウンセリング・キャリアカウンセリング

小柳 義朗

吉祥寺心療カウンセリングセンター

小柳 義朗

(シニア心理カウンセラー)

対面相談

対面カウンセリング初回60分 【女性限定】

あなたの絶対的な味方になります。どうぞ安心して何でもお話しください。

藤井 雅子

メンタルエステ ココロの部屋

藤井 雅子

(心理カウンセラー)

セミナー

「体と心の声を聴く」 フラワーエッセンスワークショップ

ワイルドフラワーエッセンスの耳ツボセラピー&ハートの瞑想

本多 由紀子

OFFICE LAMP

本多 由紀子

(ホリスティックケアセラピスト)