犬ペルテス病術後の脚長差の改善理由 - ペットの医療・健康 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットの医療・健康

犬ペルテス病術後の脚長差の改善理由

人生・ライフスタイル ペットの医療・健康 2009/06/12 19:32

家族と愛犬が奇しくも似たような手術をしたときの疑問です。犬の大腿骨骨頭切除術後に、難なく両足(4本足)で歩けるようになるのはなぜでしょうか?


人間が大腿骨頭切除術を受けると、
4cm以上の脚長差が出て歩きにくくなるために人工骨頭を入れることが多いと思います。

犬の大腿骨頭切除術をしても、
切り離すだけで、あとは普通に歩けると聞きました。
脚長差が出るはずなのですが、なぜにうまく歩けるようになるのでしょうか。
宜しくお願いいたします。

実に美味しいさん ( 東京都 / 男性 / 25歳 )

回答:1件


大腿骨頭切除

2009/06/12 19:52 詳細リンク
(5.0)

獣医医療の場合、後肢一本、根元から切断しても、まるで4本足があるように走り回ります。前足では、後ろほどではありませんが、結構平気で走ります。 厳密に計ると、骨頭切除した方がきっと短いでしょうね。

ただ、60kgを越えるような大型犬は例外です。 獣医医療でも股関節全置換手術を積極的に行っています。人となんら変わりません。

評価・お礼

実に美味しいさん

回答が早くて,わかりやすい.

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

実に美味しいさん

犬ペルテス病術後の脚長差の改善理由

2009/06/12 20:10 固定リンク

興味本位の質問に30分以内に即答でありがとうございます.

>結構平気で走ります。 厳密に計ると、骨頭切除した方がきっと短いでしょうね。

切断したところの骨端が新たに関節をつくっているはずなので,取り除いた分が短くなるはずですよね.

この場合は,壊死した部分の切除が獣医療の主目的であり,結果として犬の歩行に「たまたま」問題がなかったという解釈でもいいのでしょうか.

実に美味しいさん (東京都/25歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

無料カナダ留学相談(一般)

カナダの最新情報を元に的確なアドバイス

末永 真一

Canadajournal

末永 真一

(留学コンサルタント)

対面相談

相続のことならおまかせ!(神奈川県川崎市)

相続に関する疑問にお答えいたします。どのようなことでも構いませんので、お気軽にご相談ください。

及川 浩次郎

株式会社スリーアローズ

及川 浩次郎

(税理士)

レッスン・教室

ワンコイン英会話

学生・主婦・シニア向け

石野 恵子

石野 恵子

(英語講師)

対面相談 相続相談
藤森 哲也
(不動産コンサルタント)