法人の日本支店の確定申告について - 税務・確定申告 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

法人の日本支店の確定申告について

法人・ビジネス 税務・確定申告 2009/04/12 05:30

海外に会社を設立し、近いうちに日本支店として法人会社を設立しようと考えております。
この場合、日本支店の確定申告はどちらの国で行なうのでしょうか?
また海外での確定申告の際、日本より商品を仕入れた際に
発生した代金の領収証が日本語なのですが、この場合、経費として認められないのでしょうか?

ご回答の程、宜しくお願い致します。

peeraさん ( 東京都 / 女性 / 33歳 )

回答:2件

原 幹

原 幹
公認会計士

1 good

日本国内の支店の取引は日本で申告します

2009/04/12 07:15 詳細リンク

日本国内に本店がある普通法人であれば「居住者」として国内外の取引に対して課税されますが、外国法人の日本支店は「非居住者」にあたりますので、国内源泉所得(日本国内での取引)のみ課税されます。したがって、「日本支店の日本国内での取引」について確定申告が必要です。

国内源泉所得の例についてはこちらをご参照ください。
国内源泉所得の範囲

なお納税地(納税の基準となる場所)は「支店の所在地」になります。
(新宿区に支店があれば新宿税務署に申告です)

海外で申告する場合の領収証の扱いですが、外貨表示(たとえば円)なので認められないということはなく、外貨換算額(たとえば豪ドル)がわかればその金額にて支出額を特定し、その金額を申告に用います。日本で申告するときに外貨表示(たとえば豪ドル)の領収証があっても、円換算額がわかれば円貨での支出額が特定できるので申告上問題にならないのですが、その逆のケースにあたります。

外国企業の日本進出につきまして、このあたりにも詳しいのでご参照ください。
外国企業の日本進出 -対日投資情報-

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
薬袋 正司

薬袋 正司
税理士

1 good

法人の日本支店の確定申告について

2009/04/12 12:49 詳細リンク

支店として事業所を開設する場合でも、法人設立(子会社)の場合でも日本の法人税法にのっとって確定申告する場合があります。基本的には日本の法人と同じ取り扱いになりますが、一部国対国の取り決め(租税条約)がありますので、ご確認ください。
支払対価の領収書は、どの国の言語表示であっても証明になります。ただ、海外本社の経費として計上する場合は、為替の換算日に注意が必要です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

海外からの発送に対する税に関して londonさん  2011-07-31 08:04 回答1件
確定申告で二重経費? fellowさん  2016-02-22 05:35 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

ホームページSEO診断

ホームペーイjの内部SEOに特化したサービス

小菅 太郎

アイナパル

小菅 太郎

(ITコンサルタント)

田川 耕

フードビジネスコンサルタントオフィス シナプス

田川 耕

(飲食店コンサルタント)

平岡 美香

フードコンサルティング株式会社

平岡 美香

(マーケティングプランナー)

メール相談 事業継承、会社売買のお気軽相談
中井 雅祥
(求人とキャリアのコンサルタント)