子会社を100%化する方法は? - 財務・資金調達 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

子会社を100%化する方法は?

法人・ビジネス 財務・資金調達 2009/01/06 11:08

70%保有している非上場の子会社を完全子会社化100%にするために、一定の期日に少数株主から株式を譲り受ける覚書を締結しているのですが、その場合の株式取得方法について、どの場合が一般的かアドバイスください。一つは、通常どおり株式価値算定をおこなって、その価額で交渉するか あるいは、はじめに子会社の剰余金を少数株主に配当をした後に、株式を簿価で買い取るか2つの方法が考えられます。因みに、子会社に対しては、いままで配当させずに内部留保させていた。

スティーブくんさん ( 千葉県 / 男性 / 49歳 )

回答:1件


株式の時価で取引するのが一般的です

2009/01/06 18:08 詳細リンク

基本的に、税務、の話ではな、商事法務などの範疇を含むご質問だと思います。
一般的には株式価値算定を行った上でその価格をベースに買取交渉するのだと思います。(税務では時価からかい離した価額や無償取引を行うと寄付金や受贈益の問題を惹起しますので)
また、少数株主だけを対象として配当を支払うことは、一般的でないと思います。
株主間の株式の譲渡に当たり、会社の内部留保を操作することまでは必要ないと思います。
内部留保は健全な継続企業は適切に保有しているべきであり、むやみに配当ですべて吐き出す、ということは、あまり一般的でないと思います。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
質問者

スティーブくんさん

補足説明

2009/01/06 18:57 固定リンク

説明不足でしたが、非上場子会社の株主は、弊社(70%)と少数株主1社の2社だけです。株主間合意書において、2009年5月には、出資関係を解消し、弊社が少数株主Bから株式を直近の時価を参考に協議して、譲り受けることとなっております。現在においては、少数株主は、DCF法において株式を算定するといっており、弊社は簿価純資産法で算定するとしているが、双方と交渉中である。そのときに、益金不算入制度が適用されるので、株式購入の前に、子会社から株主2社に対して、剰余金から一定額の配当金を支払わせた後に、弊社が少数株主Bから株式を買い取る方が、金額的にも安価ですむのではと考えたのですが。一方、弊社100%完全子会社にした後に、子会社から配当を受けることも考えられるのですが。
どの方法が良いのか判断に迷ってます。

スティーブくんさん (千葉県/49歳/男性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

友人に事業資金を出資する時の相談 ビックドリームさん  2013-06-20 15:42 回答1件
内部留保を減らす方法は? 取締られ役さん  2009-01-05 22:11 回答1件
海外子会社の連結 Gowestさん  2008-05-08 14:04 回答1件
融資 ハンマーさん  2016-06-28 14:19 回答1件
融資が受けられず 田村さん  2014-02-11 16:29 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

おひとりで悩まないでください!事業資金借入の電話相談

元銀行員で、圧倒的な融資審査経験を持つコンサルタントが、融資審査のポイントをお教えします!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

対面相談

「選択制」確定拠出年金(企業型401k)導入シミュレーション

社会保険コスト削減で労使でWINWINの制度の導入を(1人からでも可能)

三島木 英雄

株式会社FPリサーチパートナーズ

三島木 英雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

事業資金借入の面談相談(初回限定・弊社都内MTGルーム)

元銀行員で、圧倒的な融資審査経験を持つコンサルタントが、融資審査のポイントをお教えします!

渕本 吉貴

株式会社FPコンサルタント

渕本 吉貴

(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)

電話相談 おひとりで悩まないでください!事業資金借入の電話相談
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)
電話相談 無料電話相談10分(初めて、弊社をご利用になる方限定)
渕本 吉貴
(起業・資金調達・事業再生コンサルタント)