夫の転職について。 - 家計・ライフプラン - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

夫の転職について。

マネー 家計・ライフプラン 2008/09/30 19:52

現在夫、私共に34歳です。
昨年結婚しました。それにあたり、それまで、小さな会社で、保険などもないところで働いていた彼が、転職を決意してくれ、今の会社に就職。
2人共関西なのですが、その就職に伴い、東海に来ました。

今の会社で働いて1年8か月ほどですが、
毎日長時間の勤務。休日出勤も多く、代休を取れることもなく、休みの日や夜中も気の休まることはなく、仕事の電話がかかってきたり。。
随分ストレスを感じ、再転職を考えるようになったようです。

私は現在第一子を妊娠中で8か月に入ります。
今からお金のかかってくるこの時期に転職は困るとは
思うのですが、でも、先延ばしにするともっとお金もかかってくるとも思います。

また関西へ戻りたいという気持ちもあり、今の仕事をしながらの転職活動は厳しいみたいで、やめてからじゃないと。。と夫は言います。
前回は結婚前に3ヶ月ほどで再就職しましたが。。

どれくらいの貯えがあって、どの時期だったら
転職しても家族が不安なく過ごしやすいのでしょうか。

usako24さん ( 愛知県 / 女性 / 33歳 )

回答:4件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

転職の時期と貯蓄額の考え方

2008/09/30 21:15 詳細リンク

usako24 様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

転職をお考えの場合、どの程度の期間で就職が決まるかがキーになります。転職先を決めてからの退職が望ましいと考えます。
(この場合は時期を選びません。転職サイトへのネット登録でお探しになれます)


また、転職をお考えの場合、家計の収支を測られるようお勧めします。
そのためのツールとしてキャッシュフロー表作成をお勧めします。

私のホームページに年間で綴るキャッシュフロー表を掲載しています。
http://www.officemyfp.com/planningtool.htm

此方を参考に
本来は年度で作成するのですが、毎月に直し収入と支出、そして貯蓄額を記入し再就職で収入を得るまでの最低6ヶ月程度の貯蓄を目処にされるようお勧めします。
出来れば、生活費×6ヶ月+今後1年で必要になる大口の支出(家電の購入等)=生活準備資金があれば安心と考えます。

なお、お子様がお生まれになる時期は、ご病気になられるリスクや思わぬ費用も必要になります。収支が安定し、赤ちゃん期を脱してからの転職をお勧めします。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
上津原 章 専門家

上津原 章
ファイナンシャルプランナー

- good

まずするべきことは

2008/09/30 22:34 詳細リンク

usako24さんへ
こんばんは。ファイナンシャルプランナーの上津原です。

いくら蓄えがあれば大丈夫かということでありますが、それ以上に現在の家計状況がどのようになっているかが大事です。今の現状が分かればある程度の答えが出てきます。

転職活動のことですが、
働きながらの活動は確かに大変なようです。私も3度転職していますが、いずれも一度退職した上で就職活動をしています。

とはいえその前に、上司や同僚を巻き込みながら、今の職場でどこまで自分自身の環境を改善できるかを考えることも大事なように思います。その気力があれば、今までのキャリアのたな卸しもでき、転職もうまくいきます。

よろしければこちらのコラムもご覧ください。
「ライフプランをきっかけに職場を変える人」
http://profile.allabout.co.jp/pf/uetsuhara-fp/column/detail/30623

回答専門家

上津原 章
上津原 章
(山口県 / ファイナンシャルプランナー)
上津原マネークリニック お客様相談室長
0820-24-1240
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

心とお金が豊かになるライフプランを一緒に作成しませんか。

「上津原マネークリニック」という名前には、お金の無理やストレスのない「健やかな」暮らしを応援したい、という思いがこもっています。お客様の「ライフプラン設計」を第一に、また「長いお付き合いを」と考え顧問スタイルでライフプランを提案します。

上津原 章が提供する商品・サービス

対面相談

体験相談会

普段から気になっている、お金の課題を解決してみませんか。

その他サービス

ライフプラン作成

~心とお金の豊かな暮らしのための~

阿部 雅代

阿部 雅代
ファイナンシャルプランナー

- good

お子様が生まれるなら。

2008/10/01 07:40 詳細リンク

usako24さん、初めまして。
ファイナンシャルプランナーの阿部雅代です。

現在の貯えがどの程度あるかわかりませんが、お子様が生まれるといことで、お金もかかりますので、しばらくは現在の職場で我慢してもらうしかないと思います。

長時間労働ということですが、残業代は、支給されているのでしょうか?
支給されているなら、生活を切りつめて、沢山蓄える努力をして、転職に備えることをお勧めします。

最低でも、半年分の生活費がないと、不安です。
そして、もし、関西にお住いを変えるとすると、その分の費用も余分に必要です。

あとは、ストレスの原因が、長時間労働ということだけでなく、人間関係など他の原因なのかが気になります。


転職について

2008/10/01 09:09 詳細リンク

はじめまして、usako24様。
社会保険労務士、ファイナンシャルプランナーの牛尾理です。

失業中に給付される基本手当から考えてみます。

離職した場合、給与が高額ですと給付率が下がり下限が50%です。極端に考えると失業中は現在の収入の半分になります。

現職の前に給付等受けていたと考えると受給できる日数は90日となります。ただし、自己都合退職の場合、給付制限期間3ヶ月があり、その間は受給できません。

よって、90日間は収入がなくなり、その後の90日間は収入が半分になることになります。その間に再就職できるとしても、それらを補える蓄えが必要です。

出産を控えていらっしゃるので頼れる部分は実家にも頼りましょう。

また、労働条件が厳しいようですが、社内に相談できる上司、先輩とかはいらっしゃいませんでしょうか。すぐに退職を考えずに、会社に相談し改善してもらえる部分はないのでしょうか。そのあたりも選択肢のひとつとしてお考えください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断と妻の仕事 カモミールさん  2008-07-12 12:14 回答4件
家計診断お願いします。 まかさん  2012-11-06 15:19 回答1件
今後の家計をどうすればいいでしょうか 弱虫あらいぐまさん  2011-11-05 01:34 回答2件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

ライフプラン提案書作成

専門家による改善提案付き

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

植森 宏昌

有限会社アイスビィ

植森 宏昌

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 マネー相談(2回目以降)
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)
対面相談 初回相談
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)