健康保険と年金 - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

健康保険と年金

マネー 年金・社会保険 2008/07/22 08:17

今、退職時期について悩んでいるのですが、月末で退職するのが、いいか?半ばで退職するのがいいか?
もし、半ばで退職となると、任意継続と会社から引かれる分と一ヶ月で重複して払わなければならないのでしょうか?
年金についても、日割りなどできないのですよね?
あまり良くわからないのでお願いします。

QQさん ( 宮崎県 / 女性 / 30歳 )

回答:1件

山宮 達也 専門家

山宮 達也
ファイナンシャルプランナー

- good

重複は基本的にはありません

2008/07/22 18:34 詳細リンク

QQ様 はじめましてFPの山宮と申します。

**会社天引き保険料の払い方について
一般的には当月分の保険料を翌月給与で天引きしている会社が
多いようです。
と言うことは、1日入社の時は入社月の給与から健康保険・厚生
年金保険料は天引きされず、翌月給与から天引きとなります。
逆に7月末退職の場合は7月分を8月の給与から天引きとなります。
ただし、会社によって天引き方法が異なる場合もありますので
会社に確認してみてください。

年金、保険とも月末時点で加入かどうかを見るのが原則です。

''7月15日に退職した場合''
会社の健康保険は7月末に在籍していないので7月分の保険料は
ありません。
任意継続保険料は7月16日より加入となりますので7月分から保険
料は請求となります。

''7月末に退職した場合''
会社の健康保険は7月末に在籍していますので7月分の保険料は
発生します。
(翌月天引きする会社であれば7月分の保険料は8月給与で天引
きしますし、8月給与が支給されない場合は請求があります。)
任意継続は8月1日から加入なので8月分から保険料が請求となり
ます。

国民年金や国民健康保険も同様の基準で保険料を決めている
役所が一般的です。
従って月単位になりますので日割りの考え方はありません。

回答専門家

山宮 達也
山宮 達也
(神奈川県 / ファイナンシャルプランナー)
070-4004-0236
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

相談者自身が考えて行動を起こせることを目指します

知らないと損することが多い世の中です。保険や公的な手続きは、自分からアクションを起こさないと得られるものはありません。相談者のお話をよくお聞きして、相談者自身が自らアクションを起こせるようなアドバイスを行ってまいります。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

退職金のおかげで扶養に入れないのか。 くーてんさん  2014-05-09 01:02 回答1件
8/27付けで退職しています ekuboonさん  2013-09-11 14:58 回答1件
夫が退職した場合の103万の壁について nekoママさん  2013-07-20 02:34 回答1件
退職後の扶養の条件 shikuramenさん  2013-06-12 10:56 回答1件
退職後の社会保険の支払いについて maldivesさん  2012-08-25 13:23 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)