骨棘って何ですか? - マッサージ・手技療法 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

骨棘って何ですか?

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2007/01/27 08:51

先日「後遺症の治療」について「こんなアホなことを聞いたらハナで笑われるかな」と恐々質問をしたところ、温かいお答えを沢山いただき有難うございました。
マッサージやカイロや鍼灸の先生ならば大嫌いな白衣を脱いで治療をしていただけるかもしれないことが判っておおいに勇気付けられました。
しかし、知人には「先にレントゲンを撮って今の状況を把握してなおかつそのレントゲン写真を持参してどこかに治療に行ったほうがいいんじゃないの」と言われ、そんなものかなと整形外科に行ってきました。
レントゲンの結果、脊椎と足首のところに「骨棘」という突起物が外側に向けて出ていると言われ「毎日電気をかけにきて」と言われました。そこで「電気を毎日かければこれは取れるのですか」と質問をしたらえらいご立腹されて(俺様の言うことに従えばいいのだというような態度でつい反論しちゃいました☆)
結局レントゲン写真も貸し出してくれず最後は喧嘩状態に(しつこく質問した私も悪いのでしょうけど質問したことには答えて欲しかったです…)

どこか医者以外の治療先に通うとして、この「骨棘」というものがあっても治療は可能ですか?
また判らないことがあっても質問をしてはいけないものでしょうか?
治療に通おうかなと思いましたがなんかまた後ろ向きになってきました(>_<)

ちょめたろうさん ( 東京都 / 女性 / 29歳 )

回答:16件

山中 英司 専門家

山中 英司
カイロプラクター

2 good

骨棘でも大丈夫ですよ

2007/01/27 11:12 詳細リンク

ちょめたろう様の受診された医師の言動は、同じ医療従事者として、とても残念な話です。

骨棘を電気治療する話は聞いたことはないですし、その医師には、何か考えがあったのかもしれませんが、私はよく分かりません。

まず骨棘について心配されているようですので、説明させていただきます。

骨棘とは、骨にトゲという字のごとく、骨がトゲ状に形成させてくることを言います。
メカニズムは、神経系のアンバランス→負荷の増幅→炎症→カルシウム沈着→骨棘形成、と言った感じです。

このメカニズムの説明でお分かりのように、骨棘とは、ある原因の結果、形成されたものですので、今の症状を作り出している原因ではないと言うことです。

ですので、骨棘自体をどうにかしようと思わなくても大丈夫です。正常な方でも、骨棘がある方は多くいます。

ただ、骨棘を作る原因、神経系のバランスの崩れは、症状につながってきますので、カイロプラクティックなどで、しっかり整えられた方が賢明だと思われます。

治療することに、いろいろ抵抗が出てきているようですが、お医者さん全員がそのような対応をするわけではありません。

いつでもお力になりますので、いくらでもご質問ください。

山中英司

回答専門家

山中 英司
山中 英司
(カイロプラクター)
陽開カイロプラクティック 
045-981-4431
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「体は心の鏡」 体の解放は、心の解放からはじまります

臨床を通して痛感することは、体は心の鏡のような存在だということ。様々な症状の裏には、もう一人の自分からのメッセージが隠されています。カラダを診るプロフェッショナルとして、クライアントの心とも真剣に向き合うことを信条にしています。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
檜垣 暁子 専門家

檜垣 暁子
カイロプラクター

- good

骨棘って何ですか?

2007/01/28 02:04 詳細リンク

ちょめたろう さま

こんにちは。お問い合わせありがとうございます。
「骨棘」については、他の先生が書かれていらっしゃる通りですが、やはり、負担がかかった部位に出来やすいため、早めにその負担を軽減させることをオススメいたします。

骨棘自体は、無くなるものではないのですが、症状の原因が骨棘にあった場合は、負荷を取り除き神経系が整うことで、症状の改善がみられます。骨棘の場所によっては、後々しびれが出るケースもありますので、治療は早いにこしたことはないと思います。

ただ、今回のような態度のお医者様では、他の医療機関に行くのも怖くなってしまいますよね?中には、細かい疑問にしっかりと答えてくれる先生もいますので、また診察に再チャレンジをして、質問にきちんと対応してくれる信頼のおける先生を探していただきたいと思います。

「骨棘」があることが分かっているのであれば、その旨をカイロプラクティックの先生に説明をすると、適切な方法で施術をして下さると思います。お電話で相談してみてはいかがでしょうか?

回答専門家

檜垣 暁子
檜垣 暁子
(カイロプラクター)
あきカイロプラクティック治療室 副院長

快適な状態で日常生活を送ることが、どれだけ楽かを伝えたい

何が原因でつらい症状が出てしまうかをご自身がお気付きになることが、施術を進めていく上でのポイントになると考えています。私の経験した「神経の働きが良くなるとこんなに楽になるんだ!」という感動を、多くの方に知って頂きたいと思います。

手塚 幸忠

手塚 幸忠
鍼灸マッサージ師

1 good

治療は炎症を取って痛みを軽減させます

2007/01/28 02:04 詳細リンク

こんにちは。 銀座マロニエ通り治療院の手塚です。

鍼灸関係の書き込みがまだ少ないようなので、少しお話させて頂きます。

骨棘については、他の先生方の説明で良いかと思いますので、治療について少し補足させて頂きます。

レントゲンを見ていないので、正確な診断はできませんが、整形外科の先生の診断が正しいとするならば、手術等ではなく、電気治療を勧めるということから察すると、悪い状態ではないと思います。もし骨棘が大事な神経に悪影響を与える状態であれば、もっと違う治療法を指示するはずです。ですから、骨棘があっても治療は可能だと思います。

基本的に痛みは炎症が起こっているために発生します。ですから、炎症が起こっていなければ骨棘があっても痛みはありません。鍼灸治療では、この炎症を和らげて痛みを無くしてゆきます。東洋医学は病気のうち、治せるものは自然治癒力を活性化させて治療し、治せないものに関しては、その病と上手く共存していく方法をさがしていきます。今回のケースでは骨棘があっても問題ない状態を目指してゆきます。

最後にお医者さんの対応について、その先生が特別なだけで、他の多くの先生は優しく教えてくれると思いますよ。痛みをかかえながらの生活は、また新たな痛みを生むきっかけとなってしまうことがあります。今回はちょっと残念な先生にあたってしまったかもしれませんが、ぜひどちらかの治療院に行かれて、優しい先生に巡り合い、より良い生活ができるように頑張ってください。応援しています(^^)

銀座マロニエ通り治療院
手塚 幸忠


「骨棘」について

2007/01/27 09:06 詳細リンク

ちょめたろうさま

さっそく整形外科に行かれたということで、その判断は間違っていなかったと思います。

ただ、お医者さんの対応には首を傾げざるを得ませんね。(まだ、そういうドクハラ医師がいるんですね…。びっくり。)

さて、「骨棘」にはタイプがいくつかあります。ひとつに、関節や靱帯周囲に形成される骨の突起が挙げられます。ストレスに対してカルシウムが沈着してできます。

レントゲン画像を借り出して(患者さんにはその権利があります)専門家に診てもらうのが最良なのですが、難しそうですね。それにしても、どうも納得がいきませんね。自信があるならその根拠をしっかり見せてもらいたいものです。

私もアメリカでの臨床時代にこういうケースは何人も診てきていますしレントゲン診断もしてきています。

「毎日電気をかける」という処置について。このケースのための電気療法の目的がはっきりしないのですが、少なくとも電気をあてることで骨棘が消えることはありえないとはっきり断言できます。

通常、良性で関節に支障をきたさないものであれば温存しますし、問題があれば外科手術で除去します。

一般的に言って、骨棘を誤診することは少ないと思いますが、骨の変形の中には悪性のものもあります。念のため、他の整形外科のお医者さんにかかって、セカンドオピニオンを求めてください。

残念ながらカイロプラクティックはじめ、手技療法によって骨棘を処置することはできません。憂鬱になるのは分かりますが、白衣が苦手でも今回ばかりは必ずお医者さんでないとだめですよ〜。(^。^;) レントゲン診断が必須です!

また経過を教えてくださいね。質問も大歓迎です。

藤原 邦康 【米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック】
カイロプラクティック&ボディケア ''オレア成城''


骨棘

2007/01/27 09:27 詳細リンク

骨棘は、骨が変形して出来たものなので、取ることはできません。

ただ、そのまま放っておくと、痺れや痛みの原因となること「も」あります。

負担のかかりやすい場所に骨棘が出来やすいので、身体全体のバランスを整えることが、今後の健康状態や生活の質を高めることとなると思います。

当院では、提携先で、レントゲン撮影が可能となっています。
また、多くのカイロプラクティック・クリニックではレントゲンの提携院があると思いますので、一度連絡して聞いてみては如何でしょうか?

ただ、治療にレントゲンが必要かと言われると、必要のないことが多いので、一度、信用できそうな治療院の門を叩いてみては如何でしょうか?

治療に関しては、身体を診てみないと何とも言えないので、ご容赦下さい。

それにしても、その整形外科は。。。


骨棘と治療について

2007/01/27 12:54 詳細リンク

ちょめたろう様

早速、整形外科へ行かれたようで、それはとても前向きな行動だと思いますよ。

骨棘についてですが、これは珍しくない現象です。
確かに、電気をかけて取れる、というものではありません。

ただ、骨棘のとがった部分が周辺組織にあたり、炎症を起こしている可能性があるので、それに対する処置として、電気をかけることをお勧めになったのだと思います。

カイロプラクターとしては、画像を見る訓練を受けていますし、折角撮ったレントゲン写真は、見た上で、状態を判断したいと思います。しかし、結局、画像は判断材料の1つで、実際には、他の検査と合わせて、どのように対処するかを決めます。今感じている痛みが、その骨棘が原因かどうか?ですので。

ご質問は、ご自身が納得するまですべきと思います。
それが、インフォームド・コンセントの基本です。

あとは、ご自身が、今後、ご自分の身体とどのように向き合いたいのか、だと思います。
そのまま放置で構わないのか、やはり良くなりたいのか。
反発しながらの治療は、回復上プラスではありません。
どうか、良い先生と巡りあえることを願っています。


骨棘について

2007/01/27 17:28 詳細リンク

ちょめたろうさま,こんにちは。
米国公認自然療法の専門医(ドクター・オブ・カイロプラクティック)の森本です。

まず医師について説明します。最近ではドクハラなどとも呼ばれていますが、医師による目に余る横柄な態度が問題になっています。ちょめたろうさまの態度には問題はないと考えます。患者には知る権利があリます。患者の質問に丁寧に返答しない医師は良い医師とは言えません。また電気療法による治療についても科学的根拠が不明です。別の病院を探してみることをお勧めします。

次に骨棘について説明します。骨棘を簡単に説明すると、摩擦が激しいために骨が変形して飛び出てくる現象です。外傷により関節などが損傷していると起こりやすくなります。

そして手技療法について説明します。手技療法では骨の変形は治らないと基本的には考えてください。つまり骨棘自体を治すことはできません。施術による目的は骨棘ができている部位に負担が掛からないようにして、痛みを和らげたり、骨棘の進行を抑えたりすることになります。


やぶ医者だ!

2007/01/27 18:14 詳細リンク

ちょめたろう様こんにちわ。
TRINITYカイロプラクティックの黒崎です。

骨棘とは、カルシウムが骨に沈着して出来た棘の事を言います。残念ながら骨棘が消える事はありません。(外科的な処置を除く)ただ、この棘が神経や筋肉・靭帯などに接触しなければ症状は現れませんので、お困りの症状を軽減させる事は充分可能です。

当院にも、ちょめたろう様と同じようにレントゲンで棘が出ている状態の患者さんが来院していますが、改善が見られないケースはあまりありません。現症状でしたら、背骨を中心に施術を行うカイロプラクティックか整体がよろしいと思います。ただ、無理やり首を捻るような施術をされそうになったら危険ですので中止してもらいましょう。やられた後では遅いので。

1. 取得している学位は?どこの大学で勉強したのか?
2. 白衣を脱いでくれるのか?
電話で確認してから行きましょう。それにしても最低な医者ですね。

こちらもご覧下さい。
http://case.trinity-chiro.com/?eid=316399#sequel


骨棘って何ですか?

2007/01/27 18:44 詳細リンク

ちょめたろう様

骨棘自体については他の先生がお答えになってるいるので、説明は省きますが、その場所にもよります。頚椎のどこか、また足関節のどこか?です。

骨棘があっても支障がないと方もいらしゃいます。その影響ない方もいらしゃいます。

レントゲン上でこのせいで、痛いの言われて、治療して、痛みがとれた経験は何度もあります。

足関節はお灸が良く効きます。頚にお灸はあまりしませんが、場合とご本人の許可があれば、やったりしますが、他にも当院では他の治療法で効果をあげる場合もありますが、骨棘はお灸が良いですよ。

ただ、痛みがとれたら、レントゲンをとりに行かない方が多いので、本当に骨棘がとれたかどうかは解りませんが、痛みはとれて、快調にすごせます。

良い先生のところに行ってみてください。とにかく、治療を受ける事です。行動することです。ネバーギブアップです。


これにめげずに頑張って下さい

2007/01/28 13:00 詳細リンク

ちょめたろう様 こんにちは
せっかく、苦いご経験があるのに勇気を出して整形外科に行かれたのに、またまた良い先生に出会えなくて非常に残念です。

本来、レントゲン写真は患者様ご自身のものですから、貸し出してくれないというのはおかしな話です。

これにめげずに、ご自分の体と心としっかりと向き合って、良い先生やインストラクターに出会い、しっかりとした治療、筋力強化をして頂きたいと願っております。

「骨棘」については、他の先生方が詳しく的確なご説明を下さっていますので、割愛させていただきます。

とにかく、「骨棘」そのものが問題ではなく、ちょめたろう様の後遺症が良くなり、日常生活上支障をきたさない身体になればよいのですから、まずは、軽いウォーキングと関節周囲の筋力を強化から始めてください。

また、ご質問がありましたらお寄せ下さい。
どうぞお大事にしてください。


治療に行きましょう

2007/01/28 14:30 詳細リンク

ちょめたろう様

こんにちは。

脊椎と足首に骨棘があったそうですね。
やはり、身体がアンバランスな状態で長期間経過している事を示していると思われます。

症状がひどくならないうちに、体のバランスを調整することをお勧めします。
その際に、整形外科で撮った、X線フィルムを貸し出しか、コピーしてもらえるように、一度電話で聞いてみたらどうかと思います。(拒否される理由はないと思いますよ)
それを持って、治療院にいかれたらどうでしょうか?

光カイロプラクティック 原


インフォームド・コンセント

2007/01/28 14:41 詳細リンク

こんにちは。

医療の現場には、インフォームド・コンセント(同意と説明)というものがあります。
これは、患者さんに症状の説明・治療方針・治療のメリット、デメリット・治療後の経過を説明して同意を得る義務?があります。説明責任があるのです。
僕も偉そうなことはいえませんが、医療もサービス業だと思っています。医療の本質は、患者さんを思う気持ち『優しさ』にあると思います。
どんな仕事でも人とのかかわりがある以上、患者さん(お客さん)の意見を尊重すること、最善の治療を進める事が大事だと思います。

骨棘については、一種の変形ですので負担のかかり具合によって慢性的な炎症が続くことがあります。また、骨棘自体をなくすのは手術でもして削らない限り無理です。
ただ、骨棘があるから一生痛いかというと、変形が進行している時期(骨棘が大きくなっている時期)以外は、負担をかけなければ痛みはない事が多いです。
足首のほうですがかかとではなく足首でしょうか?もしかかとだと、体重が常に乗る場所ですし、合併症で足底腱膜炎という足裏の痛みも出ることがあります。ですから適切な処置を早めにされたほうが良いと思います。
治療は骨棘自体はどうにもなりませんが、痛みを取ることは十分可能です。

骨棘など、内面的な痛みは他人には分かりません。我慢すればするほど辛くなってしまいますのでできるだけ早めに治療を行ってください。

お大事にして下さい。


良い先生を見つけて下さい

2007/01/29 02:05 詳細リンク

ちょめたろう様 こんばんは

折角、勇気を振り絞っていかれた整形外科の先生が、そのような先生でたいへんお気の毒でした。
ちょめたろう様が疑問に思ったことをその先生に質問するのは当然のことです。(レントゲン写真を貸し出さないのも変な話ですね。)

医療従事者は、患者様がどのようなことでも、わからないことや疑問に思ったことがあれば、その患者さまの納得がいくまで説明するべきだと思います。

「骨棘」につきましては、他の先生方が詳しく説明されている通りですが、「骨棘」などにより周辺組織を痛めている可能性があります。

そのために、整形外科の先生が電気治療をされたようですが、電気治療法(一般的にこのように読んでいますが、専門用語では電流刺激療法と言います。)は、損傷組織を修復、筋力強化、疼痛緩和など、目的や症状などにより周波数、通電時間、通電間隔などが異なります。
治療の一環にきちんとした電気治療を取り入れることにより早期に周辺組織の回復力がアップします。

ちょめたろう様が、症状や治療方法など充分納得のいく説明をしてくれる整骨院、接骨院、鍼灸院、カイロプラクティック治療院の先生で治療されることをおすすめします。

また、何かご質問がありましたらぜひお寄せ下さい。
どうぞ、お大事にして下さい。


骨棘について

2007/01/29 12:48 詳細リンク

ちょめたろう さんへ

再度ご質問頂きありがとうございました。

整形外科のレントゲンの結果「骨棘」といわれたのですね。
「骨棘」は老化現象の1つで、外傷後数年を経て形成されることが多く、全く症状を伴わないケースもあります。 通常は足を突くと痛みが出たりしますが、出来るだけ患部に当たらないようにスッポンジや綿花などを入れて靴を履けばそんなに痛みは出ないと思います。

「骨棘」は治りませんが、「骨棘」があっても症状を伴わない状態にまで導くことは可能だと考えます。
その治療の専門となるのがカイロプラクティックです。
今の日本の医師(西洋医学)の多くはいまだ特権階級だと思っている方が多いと思います。本当の診療をするならもっと患者さんの目線で行なうべきだと思います。

以上、ご質問に対する返答とさせていただきます。


骨棘の治療

2007/01/29 21:59 詳細リンク

ちょめたろう様、はじめまして。<(_ _)>
世田谷区で接骨院をしております稲波と申します。

骨棘ですが他の先生がおっしゃるようにそれ程めずらしいものでないように思います。骨棘は症状を取ることと骨棘が出来た原因を解消することが必要なようです。(低周波は神経刺激で痛みは取れてゆくと思いますが、骨棘は無くならないようです。)

話はそれますが、整形外科の先生が問題とされてますので(自分が整形外科で勤めていたこともあり)、逆になぜこのようになっているかを考えました。患者様を思う気持ちも重要ですし、また良いコミュニケーションを取ってゆくことも必要です。

保険診療ではいくら時間をかけようと手間をかけようと診療報酬はかわりません。それこそ時間が空いているときは患者さんを思って細かく説明してくださるかもしれません。しかしトリアージ(優先順位)の問題もあり、待合室で緊急の患者さんが待っていた場合丁寧に説明していられないのが本音だと思います。

ちょめたろう様におかれましては気分の悪い思いをされたかもしれません。ただ生命に関わること以外で医師と喧嘩しても得にはならないようです。
自分に合ったお医者さんを探すのも選択だと思います。
問題がありましたらまたAllAboutにご質問下さい。


骨棘の件

2007/01/30 12:46 詳細リンク

ちょめたろうさん、こんにちは

骨棘とは、何らかの不都合で関節に異常な力が加わり椎間板などがぶつかり続けたり、靱帯や筋肉が異常な力で引っ張られたりすると、その付け根の骨に棘(とげ)のように骨が出てくるもので、これは骨の修復作用なのです。骨棘画商汁と関節の運動範囲が制限されたりしますが、決して治療ができないものではありませんので、治療をお受けください。

また、質問されてご立腹される先生は人間性の問題だと思います。
分からないことはどんどん質問してください。

(現在のポイント:28pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

椎間板ヘルニアと診断されました。 airforceさん  2008-07-24 11:17 回答3件
足の感覚が違う のりんさん  2007-07-05 13:37 回答8件
身体の裏側が痛い きむちさん  2007-06-24 06:37 回答4件
マッサージ依存症 junkojunkoさん  2008-08-29 04:35 回答1件
治りが悪い怪我 ゴウさん  2008-08-23 08:30 回答3件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

メール相談

《赤ちゃん作りの温熱療法》最大限確率高へアプローチ 

順次、高度な治療に「卵修復」と「着床の窓改善」を行い最高のコンディションにして最大限確率を高めます

奈良 修次

ナラ鍼灸院

奈良 修次

(鍼灸師 臨床検査技師)

対面相談

【認知行動療法・仙台50分】うつや悩みを改善(初回・2回目用)

うつや不安,パニック,強迫観念・行動,PTSD,悩みの症状が改善されます

国府谷 明彦

カウンセリングセンター聴心館

国府谷 明彦

(厚生労働省認定 産業カウンセラー)

メール相談

心と疼痛の温灸指導

様々な症状でお悩みの方に温灸指導させて頂きます

足立 美穂

鍼灸治療院東洋の森

足立 美穂

(鍼灸師)

対面相談 東京・銀座の心療内科・精神科
茅野 分
(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))