喫煙で肺が心配。ニコチンやタールを肺から取る方法。 - マッサージ・手技療法 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

喫煙で肺が心配。ニコチンやタールを肺から取る方法。

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2008/04/19 09:26

b−カロチンを取らないようにすること、ビタミンCを食間や寝る前に取ることのほかにニコエンをとるといいと聞きました。ニコエンとはどういうものか詳しく教えてください。また、その他、何か肺をきれいにするよい方法があれば教えてください。

スマイルオブアプルーバルさん ( 京都府 / 女性 / 51歳 )

回答:3件

川井 太郎 専門家

川井 太郎
整体師/あん摩マッサージ指圧師

1 good

活性酸素除去・エアナジーprofessonalがお薦めです。

2008/04/21 23:19 詳細リンク

はじめまして、川井筋系帯療法の川井太郎と申します。

まず、フルーツやビタミンCなどの抗酸化物質を多く取ること。
人間は通常で1日50ミリグラムのビタミンCが必要といわれます(日本人は1日平均15ミリグラム前後摂取しているといわれます)が、ビタミンCは体内残留時間が短く(数時間)、体内に溜め込んでおくことができません。

そして、タバコ1本喫煙で25ミリグラムのビタミンCが消費されてしまうようですので、非喫煙者に比べ、より多くのビタミンCや抗酸化物質を取っておくことが望ましいです。


*日本ではまだ数少ないのですが「活性酸素除去・エアナジーprofessonal」がお薦めです。

「活性酸素除去 エアナジーprofessonal(ドイツ製)」は、細胞を傷つける過剰に発生した「活性酸素」を除去する画期的な最先端酸素セラピーシステムです。

ドイツをはじめヨーロッパでは、プロスポーツやオリンピックなどトップアスリートのメディカルサポートやセレブのアンチエイジング(抗老化)医療に利用されている、‘‘ワンランク上の酸素セラピーです。’’

エアナジー の優れた効果
1細胞を傷つける過剰に発生した活性酸素の除去
2疲労物質 乳酸の早期減少
3筋関節の動きがスムーズになる。
4呼吸酸素利用効率の改善
5鼻炎や花粉症の対策 など


当方各治療センターでは、すでに約2年前から導入しており、患者さんの評判も上々です。

また、アンチエイジング マダム Masako(68歳)も時々エアナジートリートメントをしています。(タバコはすいませんが)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28985


薬に頼らない,ナチュラルヘルスケア&アンチエイジングのプロフェッショナル
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
川井筋系帯療法 治療センター
東京 横浜 船橋 さいたま新都心 名古屋 http://www.kawaikinkeitai.co.jp/
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

補足

*回答中の入力ミスの訂正

回答中のビタミンCに関する記述で「日本人は1日平均15ミリグラム前後摂取しているといわれます」となってしまっていますが、これは単純な入力ミスによる間違いです。

正しくは「日本人は1日平均150ミリグラム前後摂取しているといわれます」です。ここで訂正させていただきます。

ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。


*活性酸素除去装置エアナジーのコラムを載せました。ご参考ください。

悪玉「活性酸素」を退治して、細胞から元気になる方法
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/31000


川井太郎

回答専門家

川井 太郎
川井 太郎
(東京都 / 整体師/あん摩マッサージ指圧師)
川井筋系帯療法治療センター 院長
03-3406-3791
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

身体の歪みを改整してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!

首肩こりや腰痛、便秘、更年期障害、アトピーなどの諸症状を独自の身体分析法と手技施術で改善へ導きます。35年の歴史がある独自の整体「川井筋系帯療法」は、東京、横浜、船橋、大宮、名古屋、札幌でこれまでに5万人以上の施術実績があります。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


肺は

2008/04/19 09:54 詳細リンク

喫煙による肺の回復には、
禁煙後、最低3年以上かかると言われています。また、家族が吸う環境がいると副流煙を吸うので、それ以上かかるかもしれません。

スポーツをすると、回復が早まると聞いたことがありますが、それに関しても、年齢上、気をつけながら行わないと、膝などに痛みが出てくる可能性があるので、水泳など負荷のかかりにくいスポーツを選んで下さい。

ニコエンに関しては、ハーブと同じ類のものなので、どういったシステムで、効果的なのかと言う論文などは見たことがありません(以前聞いた時に、少し調べたのですが、しっかりと調べていないのですが。。。)。

ご参考になれば幸いです。


禁煙が最良の方法です

2008/04/19 13:41 詳細リンク

ご質問の件、現在も喫煙中なのか、また喫煙暦も不明なのですが、
もし、喫煙されているのであれば、禁煙されるのが、最も良い方法です。

最近は、禁煙のためのアプローチ(禁煙外来、禁煙のための本、
禁煙を支援するWebサイトなど)も、沢山ありますので、
試していただきたいと思います。

ビタミンCを摂るのも良いのですが、摂ることで、
より喫煙をしたくなる、という傾向もあるようですので、
ご注意いただきたいと思います。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

すべり症の治療について kuchuさん  2009-07-31 22:12 回答3件
膝蓋骨骨折後のリハビリについて miichan02430さん  2011-07-22 22:34 回答1件
方法が合わないのか回数か足りないのか? ladybirdさん  2010-11-12 13:47 回答4件
鼻骨骨折の治療方法について undertakerさん  2010-03-13 22:21 回答1件
手の汗が・・・相談に乗ってもらえないでしょうか? 中学生0122さん  2009-12-01 21:01 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

東京・銀座の心療内科・精神科

夜間・土日も診療しています

茅野 分

銀座泰明クリニック

茅野 分

(精神科医(精神保健指定医、精神科専門医))

みき いちたろう

ブリーフセラピー・カウンセリング・センター

みき いちたろう

(心理カウンセラー)

メール相談

心と疼痛の温灸指導

様々な症状でお悩みの方に温灸指導させて頂きます

足立 美穂

鍼灸治療院東洋の森

足立 美穂

(鍼灸師)

対面相談 対面カウンセリング
小柳 義朗
(シニア心理カウンセラー)