外貨シフトのアドバイス - 投資相談 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

外貨シフトのアドバイス

マネー 投資相談 2008/03/18 03:59

夫婦(夫46歳、青色申告、子供&借金なし)の金融資産を合計すると約3500万円になります。この10年余り、主に外貨建のMMFと債券で運用してきましたが、日本の投資信託の失敗や昨今の円高のせいで、期待していたほどの運用益がでていないのが現状です。
その内訳ですが通貨の配分で言うと、豪ドル(12%)米ドル(20%)日本円(41%)そして残り45%は、変額個人年金の積立金です。(7年前から主に世界債券やバランスファンド等で運用中)
実は、日本円の大半は円安の際に運用先がなく、普通預金に放置していたものです。この円高の機会に、外貨建て資産(主にMMF)の割合を増やしたいのですが、どの通貨にどのくらいシフトしたらよいのか迷っています。
個人的に投資信託とは相性が悪い気がするので、これからも今までと同じような金融商品で、3%前後の運用益が出れば良いと考えております。私としては、米ドルを5%程、豪ドル10%程、配分を増やそうかと思っていますが、いかがでしょうか?アドバイスよろしくお願いいたします。

こずちさん ( 埼玉県 / 女性 / 40歳 )

回答:4件

吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

外貨建て商品の配分

2008/03/18 08:50 詳細リンク
(4.0)

こずち様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

グローバルな通貨の流通量と各国の保有残高を考慮すると
米ドルは50〜60%、ユーロは20〜30%その他が10〜20%の配分になります。

MMFの短期金融商品特に国債等で運用しています。その点ではシティーコープ国債指数に組み入れられている先進国の債券比率はアメリカ21%、日本28%、ヨーロッパ42%、英国6%<その他3%になっています。

2つの比率を考慮した場合にはユーロMMFも採用をご検討ください。
私は外貨建てMMFの保有残高を、米ドル50%、ユーロ30%、豪ドル20%、±5%での配分をお勧めします。

評価・お礼

こずちさん

ご回答、ありがとうございます。今回は、ユーロと豪ドルの割合を増やそうと思います。

実は「初めまして」ではなく昨年、「リタイア後に、ハワイ移住をしたい」というご相談をしたことがあります。でも、あの頃は円安で結局何も動かさないまま、今に至っています。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

吉野 充巨が提供する商品・サービス

メール相談

メールで行う資産配分(アセットアロケーション)測定サービス

あなたのリスク許容度に相応しい資産配分(アセットアロケーション)を測ります

対面相談

FP PoPSによる資産配分測定と最適化の提案サービス

あなたのリスク許容度・ニーズに相応しい資産配分(アセットアロケーション)を提案します

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。
岩川 昌樹 専門家

岩川 昌樹
ファイナンシャルプランナー

- good

外貨MMFは短期債券投資。

2008/03/18 16:11 詳細リンク

はじめまして、FPの岩川と申します。

基本的なことになりますが、外貨建てMMFは短期債券への分散投資商品(投資信託)です。
外貨(現金)を保有しているのではありません。(ご存じかも知れませんが)

短期債券とは、一般に短期間に満期を迎える債券です。
単純なことですが、金利は一般に短期債券より、中長期債券が高くなります。

もしも、5年以上の長期的な資産形成を検討しているのであれば、
外貨MMFを保有するだけでなく、中長期債券を組み入れた方が、
利回りも高く、安定すると思われます。

例えですが、
外貨MMFは、1年未満の国債を購入するような投資です。
初めから、3年、5年保有が出来るのであれば、5年国債の方が金利は高く
明らかに有利です。
同じ為替のリスクを取るのであれば、リターンの高い方法を選択すること
が大切です。

それから、債券のみ100%保有するよりも、株式資産をいっしょに合わせ持つと
リスク軽減の効果があります。
株式資産を同時保有すると、平均リターンが上昇するのは想像できると
思います。しかし、リスクと言われる値動きは、平均以下に縮小されます。

複数の資産を合わせ持つポートフォリオ運用は効果的です。
(世界中の公的年金や運用機関が行っています。)

投信で失敗との事ですが、正しい方法で行って失敗したのかどうかが
重要です。

3500万の資産を守るのであれば、まずは金融を「正しく理解」すること
だと思います。

長期投資を基本に考えた書籍などはとても参考になります。
視野を広げるだけでは、「損」になりませんので、市場の動きに惑わされずに
情報収集をしてみましょう。

ご不明な点があれば、気軽にご質問ください。

回答専門家

岩川 昌樹
岩川 昌樹
(千葉県 / ファイナンシャルプランナー)
FPブレーン株式会社 長期投資専門FP
043-306-5800
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

「本当に必要な資産運用」。家族のことのように考え、提案します

お客さんごとに異なるライフスタイルやリスク許容度に応じて、オーダーメイドの資産形成サービスを提供しております。資産形成を始めてみたいが、何から手を付けたら良いか解からないという方は、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ。

森本 直人 専門家

森本 直人
ファイナンシャルプランナー

- good

外貨の配分は、固定させましょう。

2008/03/18 18:57 詳細リンク
(4.0)

こずち様、はじめまして。
ファイナンシャルプランナー(IFA)の森本直人と申します。

ご相談の件、将来の目標金額を決めた段階で、外貨の配分も決めておくべきでした。

はじめから、米ドル、ユーロ、豪ドル、日本円で、配分を固定させておけば、今回のような局面でも、冷静にリバランスをするだけでした。ちなみに、今は、円に対して米ドルが下げているのと同時にユーロに対しても米ドルは下げています。各通貨の力関係を考えながら、今後の配分を考えてみてください。

つけ加えると、約3500万円の金融資産をお持ちなのですから、国内外の株式の割合をもう少し高めた方が、安定感は増します。日本の投資信託で失敗したとのことですが、株式を組み入れた投資信託は、期待リターンが高い分、運用期間を長く取らなければなりません。短期でのマイナスは、もう少し冷静にとらえるべきでしょう。

具体的には、投資アドバイザーと相談しながら、最適な資産配分を考えるのもひとつの方法です。

以上、ご参考にしていただけると、幸いです。

評価・お礼

こずちさん

ご回答、ありがとうございました。
参考にさせていただきます。

回答専門家

森本 直人
森本 直人
(東京都 / ファイナンシャルプランナー)
森本FP事務所 代表
050-3786-4308
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

オフィスは千代田区内。働き盛りの皆さんの資産形成をお手伝い

お金はあくまでライフプランを実現する手段。決してお金を目的化しないというポリシーを貫いております。そのポリシーのもと、お客様の将来の夢、目標に合わせた資産運用コンサルティングを行います。会社帰りや土日など、ご都合のよい日にお越しください。

森本 直人が提供する商品・サービス

対面相談

FPと一緒に作るキャッシュフロー表

今住宅を買うべきか、予算は適正かでお悩みの方へ

対面相談

金融商品を買う前に申込むFP相談会

初めて資産運用を考えている方、見直したい方へ


為替以外の資産にも目を向けられては

2008/03/18 05:39 詳細リンク
(4.0)

こずち様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

為替への配分比率を上げるより、他の資産への投資を増やすことを考えられてもよいのではないでしょうか?文面からすると、外国債券や為替にウェイトのおかれたポートフォリオのような気がします。

そうであれば、為替への投資を増やしても、円高が進行する、外国の金利が上昇する局面では、マイナスの影響を受けることになると思います。

ポートフォリオの全体像が見えないので正確なことはわかりませんが、ポートフォリオのバランスを考えるのであれば内外の株式投資、インフレに対応するのであれば商品投資、投資に割安感を求めるのであればREIT(不動産投資信託)などを考えられるのもよいかもしれません。

2007年1月に執筆したものです。ご参考まで

評価・お礼

こずちさん

早速のご回答、ありがとうございました。株式、リートには興味がないのですが、他に商品も少しずつ視野に入れていこうと思います。

質問者

こずちさん

おすすめ書籍

2008/03/18 17:16 固定リンク

早速のご回答、ありがとございました。
結婚してから10年余り。住宅ローン完済、車の購入、大学院の学費など、大きな支出はとりあえず終了しました。
夫は仕事で忙しいため、資産運用はこれまで私が担当してきたのですが、現在の資産額の運用はもう素人の私には手に余る状況と感じています。いっそのこと、証券会社のラップ口座にまとめて一任しようかとも考え始めているのですが・・・

いずれにせよ、個人事業主の私たちは自分で老後の準備をしなくてはならないので、もっと勉強しなくてはならないと再認識しました。

「長期投資」に関するおすすめ書籍を、ぜひ教えていただけないでしょうか?

こずちさん (埼玉県/40歳/女性)

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

住宅売却によるお金の運用 猪八戒さん  2013-01-25 22:13 回答0件
資産運用を始めるにあたって Spyderさん  2013-01-22 16:50 回答2件
安全にキャッシュフローを増やしたい。 hakuhanabiさん  2012-03-17 23:15 回答3件
投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
積立投信、何を選んだらよい? にゃぽさん  2008-09-20 01:56 回答5件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

電話相談

ボーナスが支給された方の資産運用相談(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

投資信託「最適診断」

保有されている投資信託の診断並びにアセットアロケーションの見直し

荒川 雄一

IFA JAPAN 株式会社

荒川 雄一

(投資アドバイザー)

電話相談

確定拠出年金相談、運用商品選びの方法(提案書付)

ご相談者のリスク許容度を確認しながら、ご相談者にとって最適な金融商品を提案します。

渡辺 行雄

株式会社リアルビジョン

渡辺 行雄

(ファイナンシャルプランナー)