派遣の実費交通費について - 年金・社会保険 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

派遣の実費交通費について

マネー 年金・社会保険 2008/02/06 15:34

交通費支給なしの派遣勤務の場合、実費交通費は給与収入から控除できるのでしょうか?
また控除した給与が年に103万円以上130万円以内なら夫の扶養は外れますが、厚生年金、健康保険は夫の分に入れるいう認識でよいでしょうか?

ひめちんさん ( 大阪府 / 女性 / 50歳 )

回答:2件

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

交通費込みで130万円未満です。

2008/02/06 16:09 詳細リンク
(5.0)

ひめちんさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

社会保険の扶養の要件130万円未満と言うのには交通費も含まれます。
よって、交通費支給なしの派遣であればその収入が130万円をこえると扶養をはずすことになります。

派遣のほうで社会保険の加入交渉をしましょう。週30時間以上ならば入れます。
入れない場合は国保と国民年金に加入しないといけません。

交通費を控除できるのは税金103万円を考える場合です。
この場合も交通費を証明できるものを会社に出してもらうことが必要となります。

質問やお悩みは解決しましたか?解決していなければ...

※あなたの疑問に専門家が回答します。質問の投稿と閲覧は全て無料です。


残念ながら控除はできません

2008/02/06 23:37 詳細リンク

こんばんは ひめちんさん。

コンサルタントの若宮光司です。

>交通費支給なしの派遣勤務の場合、実費交通費は給与収入から控除できるのでしょうか?
<
税法では控除できません。

会社が支給する通勤費は、税法上の限度額内であれば実収入ではないとして税金対象にはなりませんが、自分が支払う交通費は原則控除できません。

その理由は、もともと給与所得には一定の給与所得控除額があり税務署はその給与所得額をサラリーマン、パート社員の必要経費と捉えているからです。

特定支出費用として控除できる場合もありますが、支払の証明が必要ですし、給与所得控除額を超えていることが必要です。
この制度を使って確定申告する人は全国で数人という状態です。

>また控除した給与が年に103万円以上130万円以内なら夫の扶養は外れますが、厚生年金、健康保険は夫の分に入れるいう認識でよいでしょうか?
<

はい、支給額(交通費も含む)が130万円以内であれば、社会保険の扶養者に入れます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

このQ&Aに類似したQ&A

育児休業後の社会保険料 アラゴンさん  2012-07-19 16:59 回答1件
配偶者控除・配偶者特別控除について ろみさん  2010-06-13 20:21 回答1件
120万給与受給後退職し、夫の扶養加入可能? フローレンスさん  2009-03-06 14:55 回答2件
扶養範囲から外れる事のメリットは? hanazawaruiさん  2008-08-23 11:35 回答1件
専門家に質問する

タイトル必須

(全角30文字)

質問内容必須

(全角1000文字)

カテゴリ必須

ご注意ください

[1]この内容はサイト上に公開されます。

  • ご質問の内容は、回答がついた時点でサイト上に公開されます。
  • 個人や企業を特定できる情報や、他人の権利を侵害するような情報は記載しないでください。

[2]質問には回答がつかないことがあります。

  • 質問の内容や専門家の状況により、回答に時間がかかる場合があります。
気になるキーワードを入力して、必要な情報を検索してください。

表示中のコンテンツに関連する専門家サービスランキング

対面相談

企業賠償責任保険

企業安心.com

小島 雅彦

企業安心ドットコム 火災安心ドットコム 総合保険のT・M・A

小島 雅彦

(保険アドバイザー)

宮里 恵

M・Mプランニング

宮里 恵

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談

キャッシュフロー表作成

専門家による家計の収支シミュレーション

久保 逸郎

FPオフィス クライアントサイド

久保 逸郎

(ファイナンシャルプランナー)

対面相談 ライフプラン提案書作成
久保 逸郎
(ファイナンシャルプランナー)